「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

薪割りに挑戦! 太くて長いのはこれで

そろそろ冬キャンプの季節

先日のキャンプでも朝の気温は氷点下まで下がりました


そうすると欲しいのは焚き火

星空の下、焚き火をしながら飲むお酒は↓

201411 野田キャンプ ファイアーテーブル  

最高です♪




その焚き火用の

私はもっぱらオガライトを使ってます

201303 渚園 薪 0 

安くて持ちが良い、さらに煙が少ない

そして爆ぜることが無いので、タープ下の焚き火もいけます


しかし私の仕事柄、大量の木材が発生する事があります

201312 木の枝 薪 4

普通これは廃棄処分されるモノ

でもこれは使わないと勿体ない・・・




じゃ、とりあえず割りしてみます!

でもね、中にはこんな太いやつもあるんです↓

201411 薪割り 木材 大きさ 3 

直径30㎝以上、長さも60cm以上

普通の斧や薪割り器では歯が立たない


ではどうするか?

これを使います↓

201411  薪割 ハンマー タガネ 3 

タガネ、1.7キロ(450匁)モノ

これを大きなハンマーで叩いて木を割っていきます


まずはタガネを木材に設置

201411  薪割 タガネ 打ち込み開始 3 

小さ目のハンマーを使い少しだけ入れ込みます

これを先程の大ハンマーでガッツンガッツン!叩いていきます


5~6回ほどで

201411  薪割 タガネ 打ち込み 5回 3 

既に表面にヒビ

そしてピキピキという音と共に割れ目が広がっていきます

なんかそれが快感(笑)




そしてタガネが半分くらい入ると

201411  薪割 タガネ 打ち込み 半分 3 

かなり大きな割れ目になって、ほぼ下まで広がります

でもここからがチョット割れない


なので横からもう一本入れて

201411  薪割 タガネ 横から 3 


これをハンマーでたたいて

201411  薪割 タガネ 横から2 3 


やっと分割

201411  薪割 タガネ 横から3 3 

ここまでの所要時間は5分くらい

しかしハンマーでたたく作業なので、冬でも大汗かけます




そしてそのサイズを計測

201411 薪割り 木材 サイズ センチ  3 201411 薪割り 木材 サイズ センチ2  3 

長さは63cm、直径は35センチの大物


これをさらに細分化していきます

そして8分割したモノがこれ↓

201411 薪 マキ割り オガライト比較  

下にあるのが普通のオガライト

かなり小さくしたつもりですが、比べると8分割サイズでもでかい(笑)


その後2時間ほど薪割作業

このサイズを5本ほど割っていきます

201411 薪 マキ割り パレット  

かなり大型の薪がパレットに山積み

頑張りました!




薪割りって、たまになら楽しい作業ですね~♪

でも常にこれでやると、何かの修行みたいになりそうな感じ・・・


やはり薪割り器

201312 薪割り器  

導入しようか検討中


しかし本数があると手動式も結構大変そう

なので今回はこちら↓

201411 薪割り器 電動  

電動式も検討中

サンタさん、今年のプレゼントは「薪割り器」でお願いします(笑)


-ブログ村のランキングに参加してます-
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
↑ポチッと押して貰えると嬉しいです♪




電動と手動、どっちにするか?

 

トレーニングだと思えば手動もありか?(笑)

関連記事

薪割り器を購入 取説が英語か・・・

 先日チャレンジした割り

201411  薪割 タガネ 打ち込み 半分 3 

かなりの大物をタガネで粉砕

こんな感じで一本一本と割っていきました


その結果、パレット一杯の完成

201411 薪 マキ割り パレット 

しかしタガネ&大ハンマーの割り、
 
 体力の消耗が激しい・・

なので薪割り器を購入決定!

      (⇒タガネ&ハンマーで薪割りした記事はこちら




そして仕事でも使うならばという事で、

電動モノを購入↓

201412 電動薪割り器 購入  

電動薪割り器、長さ52cm太さ30㎝まで対応

その威力は7.5トン!ってどのくらい??


さて実際にはどんなものか?

時間のある時に試してみます!


でもその前に取扱い説明書が全て英語↓

201412 電動薪割り器 マニュアル  

まずはこの翻訳をグーグル先生にお願いしないと・・・

これだけで1日かかりそうな気配


ちなみに外国ではこんな薪割り器もあります



我が家のユンボーに欲しい

でも国内販売はしてないみたい・・・、残念!


-ブログ村のランキングに参加してます-
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
↑ポチッと押して貰えると嬉しいです♪

関連記事

作った薪、どう保管する?【邪魔にならないように】

昨年の暮れに購入した電動薪割り器

201412 電動薪割り器 購入  

油圧式で最大7.5トンの割り能力があります


重いので用意が面倒、ですがやり始めると簡単

玉切りした丸太が楽々と↓

 201412 電動薪割り器 薪 作成中  

細かいになっていきます

こんな風に作った薪、ボチボチ溜まってきました・・・

  (⇒この薪割り器を購入した記事はこちら




最初は屋根付きの薪小屋を作るか検討

しかし薪ストーブが有るわけじゃないので、そこまでの物はいらない


さてどうするかと考えていたら、こんなモノ貰いました

201508 コンテナ 南瓜入れ  

外国から輸入カボチャを運んでくるコンテナ

周囲をぐるっと木に囲われたパレット、大きさは1.2mくらいの四角


これに薪を入れたらどうだろうか?


実際に薪割りしたものを入れてみました↓

201508 コンテナ 薪入れ  

これが中々に使い勝手が良い

割った薪が上に綺麗に積み上げられます


そしてその反対側には↓

201508 コンテナ 薪入れ 玉切り  

まだ玉切りしたものもそのまま入れて保管できる

これちょっといいかも♪




そして一番のポイントは移動が楽な事

これ下がパレットになっているので↓

201508 コンテナ 南瓜入れ フォークリフト  

仕事用のフォークリフトでも移動可能!

邪魔になったらいつでもどかせるはありがたい


あとは雨除け用ととして、

201508 コンテナ 薪入れ 屋根  

使わなくなったポリカの波板を被せて保管


さてこれで保管場所は確保

でも使うには1年くらいの乾燥が必要

ゆっくり熟成させる事にします・・・





↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 

関連記事