「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

東北は素敵(その2) 津軽半島は優しい景色

 東北キャンプツーリング、その2です

さて前回は予定宿泊地「岩木山」にかなり早く到着

せっかくなのでさらに北上を決定!

201306 青森ツーリング  竜飛崎 灯台2 8 

100キロ先の津軽半島、竜飛崎を目指しますよ~

    (⇒ここまでのツーリング記事はこちら



さて時間は午後の1:30と、まだまだ走れます

しかし竜飛崎、近くで買い出しができるかどうかわからず

なので、道沿いにあったマックスバリューでお買いもの

201306 青森ツーリング マックスバリュー 8  

aichanってカメラ向けると必ずポーズ取ってくれるので素敵(笑)


その後、初めて津軽半島へ侵入

十三湖に続く農道を快走します

この農道、はどこまで続くんだ?ってほどの直線道路

201306 青森ツーリング 津軽半島 農道 8

10キロほど走って信号も一つ(いや二つかな?)と、凄い道路でした


そして十三湖に到着~

201306 青森ツーリング 十三湖 8

綺麗で凪いだ湖面が印象的

写真を撮って、再び出発


それにしても津軽半島は、景色が優しい気がします

201306 青森ツーリング 津軽半島 8

山の緑も濃すぎず、そして日本海もなんか穏やか(たまたま?)

もっと寒々しいイメージでしたが、なんかホワッとした感じ

とにかく気持ちよく走れる場所ですね~



そんな道を気持ちよ~く走って、竜飛崎に到着

まずは名所?「階段国道」へ

201306 青森ツーリング  階段国道399 8

今日は平日なせいか誰もいません

なので階段前にバイクを置いて写真撮りまくり


そんな階段国道の脇に、

201306 青森ツーリング  階段国道399 郵便局 8

郵便局の出張所あり

観光名所なので、記念切手やはがきをここで販売しているみたい

しかも自分の私物らしきクルマに「〒」をガムテ―プで貼ってるのが素敵(笑)


このお姉さんとちょっとお話しました

雨風が酷い時以外はここで営業しているそうです(出張所あつかい)

みんな(若い人か?)で回り番でやっていて、月に2~3回は当番があるといってました

結構大変ですね~


それにしてもこんな所で売れるの?との質問に、

観光客の方が結構来るし、みなさん記念になるので何かと買っていくそうです

なるほど!

201306 青森ツーリング  記念切手 8

という事で、私も購入しました


さらにお姉さんと

201306 青森ツーリング  階段国道399 記念写真

階段国道の前で、一緒に記念写真♪



さてお姉さんとお別れして、すぐ近くの竜飛崎灯台へ

ここから北海道(江差)が見えます

201306 青森ツーリング  竜飛崎 北海道江差 8

北海道が見える!

それだけでテンション上がりますね~(笑)


その後、直ぐ近くのキャンプ場に移動

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 8

「竜飛崎シーサイドパーク」

海沿いにある、こじんまりしたキャンプ場

しかし日本海をドーンと見ながらキャンプできる、素敵なキャンプ場です


早速設営開始

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク タープ 8  

私は今日もオープンスタイルなのでサクッと設営完了



竜飛崎、非常に風が強いと聞いていたのですが、この日は割とおだやか

それでも海から来る風がちょっと寒い

なのでタープの後ろに隠れつつ宴会開始!

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 乾杯 8

かんぱ~い!


aichanはあいかわらず七輪をバイクで持参

しかも今日は岩塩プレート付き!

201306 青森ツーリング 七輪 岩塩プレート 8

この上で肉を焼くと、ほんのりお肉に塩味が付きます

それがまた美味しいんですよ~♪


そんな感じで海を見つつマッタリと宴会

心配していた風もそれほどなく、楽しく宴会です

その後適当に就寝

しかしその就寝後、私はとんでもない事になりました・・・


この日のルートです


より大きな地図で 201306 岩木山~竜飛崎100キロ を表示


次回につづく・・・  (⇒続きはこちら

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・





関連記事

東北は素敵(その3) 夏のオープンキャンプは虫が大敵・・・

東北キャンプツーリング、その3です

前回は「竜飛崎シーサイドパーク」にてキャンプ

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 全体 8

心配した風も強くなく楽しく宴会できました

その宴会が終わって、就寝した後の話です

          (⇒ここまでの記事はこちら



さて寝たのは何時なのか?あまりよく覚えてません(笑)

でも風が少しあり、寒かった気がします


でも私はタープのみで寝るので、冬季用のシュラフ用意



これ3枚重ねで-34度までいけるそうですが、今回は2枚重ね

それでも-20℃までいけるみたい

これにくるまって、ヌクヌクと就寝


しかし夜半になると風が無くなったらしく、このシュラフじゃ暑い!

なので顔をシュラフから出して再び就寝

暑さは収まり気持ち良く就寝・・・

と思いきや!


なんだ?

今度は顔と手がかゆい!

!?

すっげ~痒いんですけど!!!


その「かゆさで」再び目が覚めた私、周囲を沢山の蚊がブンブンと飛んでます

その羽音、うるさいぐらい


いやだ~~~!かゆい~~~~!

という事で、蚊取り線香&虫よけスプレー&虫よけキャンドル点火

これで蚊もいなくなるだろうと思い、再び就寝

これが多分午前1:00くらいの話



そして翌朝、4:00前に起床

起きると耳の後ろ、そして手の甲が非常に痒い!

まず手の甲

1201306 青森ツーリング  竜飛崎 蚊に刺され 手 8

刺されたところに丸印を付けてみました

数えてみると20か所近く刺されてます・・・


さらに顔の両脇、耳の後ろ辺りから首にかけて

1201306 青森ツーリング  竜飛崎 蚊に刺され 8 1201306 青森ツーリング  竜飛崎 蚊に刺され2 8

aichanに撮影してもらいました

ホントに蚊に刺されたの?みたいに腫れてます・・・

こちらも両方合わせたら20か所以上・・・

さらに後でホテルで見たのですが、おでこもボコボコでした・・・


暑くて、手と顔を出したのがいけなかった・・

図解するとこんな感じで顔と手を露出↓

201306 シュラフ 蚊に刺された状態  

その顔と手を、蚊が猛攻・・・

痒さで蚊取り線香つけましたが、まさに後の祭り・・・



しかしなんで急に、こんなに蚊がでたの?

宴会時、全く蚊がいなかったのに・・・


多分風の影響でしょう

宴会時は結構風が吹いていて、寒いぐらい

その後夜半過ぎに、風がまったくなくなる凪状態になったみたい

1201306 青森ツーリング  竜飛崎 凪 8

これは翌朝の画像ですが、風が全くありませんでした
 

蚊は風が無い時に一斉に孵化します

そういえば私のタープのすぐ後ろに、大きな排水溝有り

私が刺されたのは、そこの蚊か・・・


風が強いので有名な竜飛崎

201306 青森ツーリング オープンスタイル 8

そこなら夏でも虫がいないだろうと、オープンスタイルでキャンプ・・・

そこに完全な凪状態で、蚊が異常なほど発生

そんな所に無防備で寝ていた私、まさに飛んで火にいる夏の虫状態・・・



思えばaichanとする少人数キャンプでは、虫に縁があるような気がします

一昨年の男鹿半島では、

2011 9 男鹿 フナ虫 壁 3 

テントの中を数十匹のフナ虫が駆け回ってました

   (⇒この男鹿半島のキャンプの記事はこちら


そして去年の宮城、「吹上高原キャンプ場」では、

120127 吹上高原ブヨ  

皆がブヨに数か所~十数カ所刺されまくり・・・

これはいったい・・・(笑)

   (⇒宮城、吹上高原キャンプ場記事はこちら
  

それとも最近はスノーピークのタープを使ってばかり

お気に入りのドッペルワンタッチテントはすっかりご無沙汰・・・

20124 陣馬形山 ドッペルテント T501 4

なのでこれはドッペルの神様の天罰か・・・

と、妄想を膨らませます(笑)



それにしても蚊にこんなに刺されたのは初めて

しかも腫れ方が尋常じゃない!

なのでとりあえず



キャンプ時は常に持参しているフルコートを塗布


さて、時間はこの時まだ朝の4:00過ぎ

早く起き過ぎた私とaichanはコーヒーなんか飲みます

が、その周囲をブンブンを蚊が飛びまくり!

蚊取り線香を焚いているにも関わらず、すっげ~数!!!


それを片っ端から潰していく、aichanと私

なんか朝から凄いぞ、竜飛崎(笑)


しかし凪いでいるので海はきれい

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 凪8

ま、これはこれでブログネタになるかな~と前向きに考えます

なので蚊取り線香炊きつつ、朝飯&撤収



ところで竜飛崎のこのキャンプ場、横に高台が有ります

なので撤収後、その上まで登ってみようと相談

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 丘 8

ここ結構急ですが、上からの眺めがよさそうなんです


ちょっと登って、上からみたキャンプ場の様子↓

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 丘 風景 8


おー、いい感じですね~


この丘には黄色い花が結構咲いてましたね~

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 丘 カンゾウ 8

多分ユリ科の「エゾカンゾウ」だと思いますが、夏らしく良い雰囲気

しかし急斜面と、足場の悪さに二人で息を切らしながら上へ

いや~キツかった!


しかしその一番上からみた景色

201306 青森ツーリング  竜飛崎シーサイドパーク 全景 8

気持ちいい~~~!

これなら蚊のかゆみを差し引いてもいいかもしれません(笑)

先に降りているaichanが小さくみえます

その先にはさらに小さいバイクたち!



さてこんな事をして遊んだあと、キャンプ場を出発

時間は朝の8:00と良い時間です


さて今日は津軽を海沿いに走って南下、青森から八甲田山

そして今回のメインの目的地、八戸目指します!

出発前に、皆さんの位置をラチで確認

1201306 青森ツーリング  竜飛崎  MACさん 8 

すると今日の未明に出発したMACさんが、もうそこまで来ている?!

ヤバい!

我々も速攻出発しましょう!


ということで、次回につづきます     (⇒続きはこちら

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・





関連記事