「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

バイク、ユーザー車検その3 検査終了と値段

バイクのユーザー車検の話、その3になります。

書類の作成、そして申請が終わりました。
       (⇒、書類の作成、申請の記事はこちら

これからいよいよ検査レーンに持ち込みます。



これが検査棟↓
2011 4 バイク車検 検査レーン4
全部で5レーンありますが、そのうち一つはバイク専用。


そのバイク専用レーンがこれ↓
2011 4 バイク車検 バイク専用レーン5 
ここに入って検査を受けます。
 
ちなみにこの先は、撮影不可。


さてユーザー車検初心者の私。

勝手が全然分かりません??

そこで、まずは検査の様子を見学させてもらいました。

これ、近くの検査官に言えば気軽にOKが出ます。



2台ほど見ているとなんとなく進め方が呑み込めます。

そこで私もいよいよ自分のバイクを持ち込みます。


まずは検査官による、車両の確認。

車検証と照らし合わせ、保安部品、車体サイズ等を検査していきます。

まぁ、普通のバイクなら問題無いと思います。
 

ただし私の場合は、フォグランプの点灯の指示有り。
フォグ 黄色 点灯
えっ?そんなの聞いてませんが・・・

これにはちょっとドキドキしました。
何せ自分で適当に付けたものですから。

フォグライトの光に、検査官が紙を当てて何かを確認します。

これは色味を見ているのか、それとも光の眩しさをみているのか??

でも大丈夫でした。

ほっと一安心。



そしていよいよ検査レーンに突入。

私が初めてユーザー車検を受ける事を検査官にいうと、横について丁寧に教えて頂ました。

ありがとうございます、助かりました~


基本的には、前方の電光掲示板に指示がでるのでその通りに従います。


まずはスピード検査。

そしてブレーキ検査。

指示どうりにやっていけば、まず問題なくパスします。


そして少し進んで光軸検査。

これは予備検査受けているので、難なくパス。

そして最後にマフラーの排気ガスの量を測定。

これもOK。 


ここまで5分掛からず。

あっけないほどです。


ちなみにバイク専用レーンでは、車体の支持が楽でした。

足を着く所が一段高く〈タイヤが沈みます)なるので、足つきの悪い車両でも問題無し。


さらにもう一つ。

この検査、その日のうちなら何回でも受けられます

もちろん審査料は一緒。

なので勝手が分からずパスできなくても、すぐに再チャレンジ。

なので緊張せずに検査レーンに飛び込めます〈笑)



そして検査終了の書類を再び提出。

すぐに新しい車検証が発行されます。
2011 4 バイク車検 車検証発行9
この時の時間は午後2時少し過ぎ。

検査場についてから50分程で終了した事になります。

終わってみれば、簡単でしたよ~


ちなみに私の車検は、午後2時~4時半のグループで予約。

なのに午後2時ちょい過ぎに終了(笑)


じつはこの予約時間の割り振り、かなりルーズです。

1時間位前なら、受付、検査を普通にしてくれますよ~



そして気になる費用は、
 
 ●自賠責保険24ヶ月   14,110円
 ●重量税           4,100円
 ●検査登録、審査代    1,700円
 ●審査用紙            20円
 ●予備検査〈テスター)代  1,000円

総額21,130円也


ディラーさんでは51,710円。
2011 4 バイク 車検 ディーラー7 
その値段の違いはどこか?

まず車検代行料として21,000円(検査場で1時間足らずの作業)

そして総合検査料として10,500円(保安部品等のチェック ?自分で出来そう)

この分お高くなってます。


さらに他の点検整備費用〈パーツの交換とか?)、部品代は別途費用。


ディラーさんにとって、車検も大事なお仕事なのでしょうね。

なにせ検査時間1時間程で、21,000円ですからね〈笑)


ユーザー車検、普段からしっかりメンテしている人にはお勧めですよ~

とにかくお値段が安くて、意外とハードルも低いです。


ただ「光軸」だけはテスターを通したほうが無難かもしれません。


        (⇒「バイクユーザー車検その1 事前にしておく事」の記事はこちら
        (⇒「バイクユーザー車検その2 書類作成と提出」の記事はこちら




↓推してもらえると、もう少し頑張れる気がします!
 にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事