「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

梅雨 雨の長距離走対策

梅雨ですね~

特に今年は例年よりもかなり早い梅雨入りで、
バイクを乗るモチベーションも格段に下がり気味・・・

毎年この時期は雨装備を考えてしまいます。

という事で毎年恒例、梅雨対策の装備について考えてみます。



まずは装備。

●バイク本体

出来れば大き目のスクリーン、
アドベンチャー GSスクリーン
もしくはちょっとしたバイザーでもあれば全然楽。

身体に雨が直接ぶつからないだけでも、疲れがちがいますよ~


●ヘルメット

雨天時の走行中、視界の確保は何よりも大事!

なのでシールドの内側には曇り止め、

雨 撥水スプレー デイトナ
そして外側には撥水スプレーを縫っておくとベスト。

私はこの撥水コートを使っていますが、雨粒がスーッと落ちいき、視界が良好です♪


●レインスーツ

これは出来ればゴアテックス
もしくはそれに準じる防水透湿のものがいいですね~

気温が高い時などは、雨よりも自分の汗でずぶ濡れになってしまいますから。

私のはゴールドウィンのエントラント製。
冬装備 2010 ジャケット カッパ 
ゴアのカッパは高くて今のところ手が出ません(笑)

ちなみにのジャケット、ゴア製ですが合羽は着ます。

お店に入るときに、ずぶ濡れだとちょっとね・・・


●グローブ

雨天時用に、一つ別に持っているとかなり違います。

そして、これも出来れば防水透湿製の物が◎

手の平、意外と発汗が多いんです。
そして、この手の平の汗が冷えて体温を奪われ冷えてきます。

オーバーグローブを使用するという手もあります。
 モンベル オーバーグローブ 雨天仕様 
これはモンベルのオーバーグローブ。

オーバーグローブなら、収納もかなり小さくてすみますよ~
 

●ブーツ

ブーツカバーは必須。

出来ればブーツの中も、コンビニの袋で足ごと覆ってしまいましょう(笑)
ただ足も発汗が多いので蒸れて、さらには冷えてきます。

なので、出来ればコンビ二の袋ではなくて、
オーバーソックス 
ゴアのオーバーソックスがお勧めです。

さらにゴアのブーツならベストです!
 サンディアゴブーツ



以上の装備、結構かさ張りそうですが、
レインスーツ以外はそんなに大きくありません。

カッパの袋以外に、もう一つ小さい袋を用意して入れておくと便利です。

ここまでは基本装備。



そしてここからは有ったほうが良い、もしくはやったほうがいいと思う事。

●首元

首、ここはかなり大事な部分。

ヘルメットを伝わった雨が、首元から入ってくると、徐々に身体が濡れます。
そしてインナーを濡らし、かなり冷えます。

これを防ぐ為、首元に化繊のスカーフやタオル、
または薄手の冬用のネックウォーマーでも巻いておきます。

その時、カッパとジャケットの間に挟み込むのがポイント。
ジャケットの下だと、濡れたスカーフが直接身体に触るので、やはり冷えます。


●頭

雨の休憩時の時、頭は濡らさない方がいいですよ~
頭が濡れると、ヘルメットを被った際に必ず曇ります

なので私はコレを持っています
雨の装備 帽子 
ホムセンで買った、雨用の帽子(笑)

雨のキャンプ時にも使えるので重宝してます。



まとめ。

まず雨天時に大事なのは視界の確保。

ヘルメットのシールドの撥水、そして頭を濡らさない(シールドの曇り防止)等。


そして走行時、なるべく雨に直接触れない(顔以外)ようにする。

雨に濡れる手走行していると、
濡れたところから身体が冷えて硬くなり、走っていて危ないですからね~


以上は、主に気温が低めの時の雨天対策。

暑い時の雨は・・・

どうしようもないですね~


ゴアの製品着ていても、汗で蒸れますから・・・

この時は、我慢かな~(笑)



以上、雨の日に走らない人には関係ない話でした(笑)

梅雨でも、楽しくバイク乗りたい人の参考になれば嬉しいです♪


(追記)

最近すごく気になるレインウェアがあります。

2011 5 南海 テトラテックスレインウェア 4 
南海部品から出ている「テトラレインスーツ

これ、ゴアテックスを超える透湿性を誇るそうです。


私の持っているエントラント、そしてゴアとのスペックの比較↓

  ●ゴアテックス  : 耐水圧40,000mm/平方メートル、透湿度13,500g/平方メートル/24h
  ●テトラテックス : 耐水圧30,000mm/平方メートル、透湿度21,200g/平方メートル/24h
  ●エントラント    : 耐水圧10,000mm/平方メートル、透湿度10,000g/平方メートル/24h

耐水圧ではゴアには劣るものの、透湿性では圧倒的にテトラテックスに分があります。

という事は、汗をかいた時ゴアより快適だという事ですね!

そしてこの合羽、ドライクリーニングも可能みたいです。


これを着ると、暑い時でも結構いけるかもしれません。

今度南海部品さんにいったらチェックしてみます。

もしくは使っている方がいれば教えてくださ~~い!

                (⇒2009年の梅雨対策の記事はこちら
                (⇒2010年の梅雨対策の記事はこちら




押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

関連記事

梅雨時期三本ローラー第2弾 100キロ走やってみた

今年の梅雨は雨が多い・・・

なのでその雨を活かして、三本ローラーで遊んでます(笑)


前回は三本ローラーにて

201406 三本ローラー 自転車 1 

1時間で何キロ走れるかチャレンジ

結果は45キロと、自分的には満足な記録


そしてまだまだ梅雨は続きます

なので今回は・・・、100キロ走にチャレンジしますよ~!




しかしローラーで100キロ

どのくらいの時間がかかるのか?


ざっと計算してみると、平均速度35キロ~40キロくらいで3時間近く

そんなにローラー乗り続けたら気が狂いそう・・・


だって

201406 ローラー台 イメージ  
 
この床だけを見て、ただひたすらにペダル漕ぐ3時間・・・

それにお尻が痛くて、ダメ(笑)


なので2回に分けて100キロにチャレンジします!




まず1回目、とりあえずの目標は50キロ


アップから初めて、平均40キロくらいで淡々と漕いでいきます

いや~これは飽きる!

しかしその分、忍耐力はつくかもしれません(笑)


そして、ただひたすら漕ぐこと1時間半

201406 三本ローラー 100キロ 一回目 1 

目標の50キロを少し超えた、57キロまで走行出来ました

予定よりちょっと距離稼げたので、気分が少し楽に

それでも残りは40キロ以上・・・


とにかくここでひとまず休憩




そして2時間後、再びローラー台へ

実はこの2回目、スタートまでは気が重かった・・・

だってまた床を見るだけの1時間半のはじまりですからね~


しかし1回目に50キロ以上走っておいたので多少気分は楽

なのでそれを励みに後半戦スタート!


ちなみに私、誰にも見られないのを良い事に↓

201406 三本ローラー 後ろから  

こんな姿で走行してます

だって梅雨の時期の洗濯物、少なくしたいでしょ(笑)


再びペダルを漕ぐこと、1時間と17分

ガーミンの距離計にて↓

201406 三本ローラー 100キロ 二回目 1 

50キロを表示

これで一回目の分と合わせて107キロ走った計算になります


頑張ったな私!




ガーミンの概要です↓

201406 ローラー台 100キロチャレンジ1  201406 ローラー台 100キロチャレンジ2  


1回目57キロそして2回目50キロ、合わせて107キロ

かかった時間はおよそ2時間50分ほど


それにしても3本ローラーの100キロは辛い・・・


時間にすると大した事がないように思えるのですが、

しかしこの床だけを見て過ごす3時間近く↓

201406 ローラー台 イメージ   

これが非常に辛い・・・

でもね、精神力というか忍耐力が一番鍛えられた気もがします(笑)


最後の頃は今の自分の姿を想像して、大爆笑しながらの走行

ちょっとオカシクナッテマス・・・


でもね、終わった後は凄い達成感があるのも事実・・・


やっぱ三本ローラーって

201404  三本ローラー 1 

楽しい♪

今年の梅雨自転車満喫出来てます!

次は何をしてみようかな~?

  (⇒カーボンロードで再び100キロやってみた記事はこちら


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!




こちらの固定ローラーも楽しそう

 

アプリと連動して負荷を変えれるらしい・・・

関連記事