「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

尻の痛さ対策 アソス、シャーミークリーム購入

最近、「ツールドつくば」に向けてトレーニング中

週末は山を、MTBで登ったり下ったりしてます


その筑波山では

筑波 狸に遭遇

時どき、タヌキに会ったりもします(笑)

 
距離も徐々に伸びてきて、最初30キロだったのが最近は60キロの

それに伴い乗っている時間も増加、山を60キロ走ると、ほぼ5時間乗りっぱなし

                  (⇒5時間筑波近辺を登ったり下ったりの記事はこちら

そして・・・

これだけ乗っていると、さすがにお尻が痛くなります・・・


自転車と接しているのは、手のひら、足の裏、そしてお尻

特にお尻は自転車に乗る時に重要な部分

この重要なお尻、それが痛いのは非常に集中力が削がれます

なので、この痛みをなんとかしたい



この解消方にはいくつかの方法があります


まず、自転車用のレースパンツを履くのは必須

お尻の部分にパットが入ってますから、これだけでも違います


そして自転車のポジションの変更も有効でしょうね~

ただ、自分に合ったポジションを探すには時間がかかりますが


そしてサドルを自分に合ったものに交換する

お尻にピッタリと合うサドルに出会えれば最高

ただし中々ピッタリと会うサドルには巡り会えないとの事

それまでは何度も、買って売っての繰り返しになるそうですが・・・



そして私が今回とったのは、摩擦軽減クリームの購入

アソス シャーミークリーム

アソスChamois Cremeシャーミークリーム)」


その効能↓

 ライドの快適性をなおいっそう追求するには、このクリームのご使用をお薦めします。
 摩擦を減らし、お肌をクールに保ちます。
 炎症を防止するとともに、抗菌作用の特性も持っています。
 ライドの前ごとに、お肌に直接お塗りください。
 さらに洗濯をした後は毎回、ショーツのパッド部分に薄く塗布してください。
 パッドの柔軟性、弾力性、抗菌性の特質を保つのに役立ちます。
 多くのプロ選手たちが、そのショーツのブランドにかかわらず使用しています。
 出かけるときには絶対お忘れなく。



私も試して見ました

最初は感じませんが、10キロほど走ると違いが分かってきました

レーパンとお尻、こすれる感じが無くなったような気がします


今週も60キロほど山を登ったり下ったりしましたが、乗った後の痛さが全然違います!

ていうか、今までの痛みはなんだったの?って感じです


お尻が痛く無いっていうのは、モチベーションが上がっていいですね~

早く使っていれば良かった・・・

アソスChamois Cremeシャーミークリーム)」、お勧めです♪


↓押してもらえると、お尻の痛みも忘れて走りますよ~

にほんブログ村 <br />自転車ブログ MTBへ日本ブログ村に参加中です にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 

関連記事