「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

北海道へ行くルート 費用と時間を比較

北海道ツーリング、今年は久々に狙ってます!

2012年「ツーリングマップル北海道」版も購入済み
20125  北海道 マップル 

九州、四国なら道路が繋がっているので自走可能

勢いで行けます!


しかし北海道だけはフェリー必要なんです・・・

なのでそのフェリー、色々なルートを調べてみました~



まず私の茨城からアクセスしやすく、そして楽ちんなのが大洗港からフェリー

そのフェリーで一気に苫小牧に行くルート
20125 大洗~苫小牧  
        (⇒こちらのHPから引用)


まずバイクの輸送料金はこれ↓
20125 フェリー料金 バイク

バイクは特殊手荷物扱い

なのでこのほかに、別途部屋代が必要


その部屋代、使う部屋、そして期日で大幅に違います
20125 フェリー料金 ルーム 

まず期日ですが、やはりGWや夏休みはお高い

私が行くとしたら、お安いAかB期間でしょうね~



そしてその部屋選び


茨城大洗~苫小牧区間、所要時間は18~19時間とかなり長い

なので、その部屋選びは結構重要なポイントになります


スイート、そしてデラックスルームは室内にお風呂完備
20125 フェリー スイートルーム  20125 フェリー デラックスルーム  
左がスイート、右がデラックス

定員は2人、スイートはさらに食事もサービスされるようですね~


スタンダートは普通4人が定員
20125 フェリー スタンダートルーム  
お風呂は無し

グループで北海道に渡る場合はこれもいいかも(和室もあり)


そしてカジュアル
20125 フェリー カジュアルルーム  
相部屋ですが、各々ベットがあります

これならプライベート空間があるので到着までゆっくり出来そう


そしてエコノミー
20125 フェリー エコノミールーム  
巨大な相部屋空間(笑)

自分の場所が畳1畳くらいしかないのでプライベートは全くなし


私はエコノミーはちょっと・・・

あの環境に一人で19時間は辛い・・・


なのでベッドがあるカジュアルが希望

すると料金は12000円ほど(B期間)

バイク料金と合わせて、約26000円が片道のフェリー代になります


所要時間はバイク自走2時間、そして手続きその他で3時間を見ます


すると大洗からフェリーで行くルート、

北海道に上陸するのに丸々1日以上かかる計算になりますね~

           (⇒以上はこちらのHPを参考にさせて頂いてます
 


別のルートも検討してみます

青森まで自走、そしてフェリーに乗る方法


まず高速道路を青森まで一気に北上

距離は650キロ、時間にして10時間ほど(休憩込み)

高速料金は8950円ですが、休日のETC割を利用すると4500円


その後はフェリーで函館に渡ります
20125 青森~函館 

大間と青森の2ルートがありますが、今回は青森で計算

青森~函館間のフェリーの所要時間は4時間弱


バイクの料金はこれ↓
20125 青森フェリー 料金 

私の場合750㏄以上の大型なので4000円


それに旅客運賃として↓ 
20125  青森フェリー料金 ルーム

上記の値段が掛かります


先ほどの大洗~苫小牧は、19時間と長いのでベット付きのルームを選択

しかしこちらの所要時間は4時間弱なので2等船室で十分
20125 青森フェリー 2等船室 

4時間ならラウンジでも楽しく過ごせます

とするとフェリー料金は全部で6700円


先ほどの高速料金(ETC割)と合わせて11200円ほど

お、ずいぶんお安い♪



しかしここに忘れてはならないモノがあります

ガソリン代・・・
2012 3 日光 ガソリン代  

約650キロ、リッター20キロとして33リットルのガソリン代が必要

ハイオク1リットル150円として約5000円が必要になります


とすると青森まで自走して、フェリーのお値段は約16000円程

それでもお安いですね~


時間はバイク自走10時間+フェリー4時間、そして乗船下船の手続き2時間

なので乗り継ぎが良ければ、16時間ほどで北海道に上陸できそうです

             (⇒以上はこちらのHPを参考にさえて頂いてます



さらに別のルートを検討

青森まで行かずに八戸で乗るルート
20125 八戸フェリールート2  
            (⇒こちらからお借りしてます

自走距離は500キロほどで高速代は4150円(ETC割)

高速自走時間は8時間


フェリーは、お値段は2等船室で12500円(内バイク8000円)

所要時間は9~10時間


するとガソリン代も含めてお値段は約20000円

北海道上陸までにかかる時間は、おおよそ18時間


先ほどの大洗ルートと青森ルートのちょうど真ん中の時間と距離になります

それにこのルートは苫小牧に着

なので道北~道東方面に行くには良いかもしれませんね~


さらに八戸には
2012 3 RFのすけ 店前  

RFのすけがあり、そしてトモ松さんがいます!


ここで一晩過ごしてから北海道上陸、

もしくは北海道の帰りにここで旅の疲れをいやすのもいいかも知れません(笑)



こうしてみると、北海道色々なルートありますね~

20125  北海道 フェリー状況 
                                  (⇒こちらからお借りしてます

仙台からのルートもあり

そして新潟、秋田

関西方面からは名古屋、敦賀、そして舞鶴より


住む地域、そして楽しみ方により色々なルートを選択出来ます

船旅が絡むからこそ、バイクで北海道は憧れなんでしょうね~


と、ここまで調べた私ですが、

最近仕事のスケジュールが詰まってきて、今年の上陸は難しいかも・・・



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

関連記事

北海道へ行くぞ! 苫小牧~富良野~美深

今年、北海道行きを画策

バイクで行くのは5年ぶりになります


しかし私のバイク、GS-アドベンチャー
2012 5 リア ディスクローター 5  

9万キロ点検時に色々問題発生で、今年の北海道は無理そう・・・

だって、ディスクローター前後交換等々で20万円くらいの出費になるんです 

                     (⇒9万キロ点検の記事はこちら


なので新規購入した「北海道ツーリングマップル」
20125  北海道 マップル  

これを、じ~っと眺めて暮らしてます・・・


でも眺めているだけではもったい無い!

そこで頭の中だけでバーチャル北海道を楽しむことに(笑)


5年前に北海道を回った時は道東がメインでした

なので今回は道北、最北端を目指すルートを作ってみましたよ~



1日目~2日目

まずは大洗~苫小牧をフェリー
20125  北海道 大洗フェリー 時間   

出発が夕方6:30、苫小牧着は昼1:30

19時間かかります


フェリーから降りて走り出すのは午後の2:00といったところでしょうか?

なのでこの日は苫小牧の近場でキャンプが良さそう
 

予定地は日高沙流川オートキャンプ場
20125 北海道 沙流川オートキャンプ場 

苫小牧港から100キロ、時間にして2時間ほど

値段はバイクで500円ほどでバイク乗入可
 
                 (⇒沙流川キャンプ場のHPはこちら
           

もしくはもっと手前
20125 振内鉄道記念館 

振内町の「鉄道記念館」


ここは客車を改造したライダーズハウス(600円)でシャワーも有り(200円)

さらに隣接公園でキャンプOK

なので天気次第ではこちらの方がよいかもしれませんね~

             (⇒振内町鉄道記念館のHPはこちら


この日のルートはこんな感じ

より大きな地図で 北海道仮想ルート 1~2日目 を表示

バイクの走行距離は100キロ前後

まずは北海道上陸をゆっくり噛みしめながらキャンプといったところでしょうか?



そして3日目

ここからいよいよ本格的に北海道ツーリングスタート

まずは富良野方面を目ざしましょう!


まず外せないのがここ↓
20126 パノラマロード江花2  
                          (⇒こちらからお借りしてます

上富良野の「パノラマロード江花」  

2003~4年のツーリングマップるの表紙にもなったそうです

バスや車等の交通量も少ないので、写真撮り放題だそうですよ~


そしてその近く、西に10キロほどのところ
20125 北海道 白金模範牧場  
                      (⇒こちらからお借りしてます

「白銀模範牧場」

CMやドラマでもよく使われているらしい場所

ここでゆっくり休憩したいな~


さらにこのすぐ近く
20126 北海道 青い池  
                        (⇒こちらからお借りしてます
「青い池」も外せません

この神秘的な青い色、この目で確かめたいですね~



富良野の次は美瑛
20126 北海道 美瑛 パッチワークの丘  
                            (⇒こちらからお借りしてます

このパッチワークの丘でも見ながらゆっくり通過しましょう

旭川は市街を避けて、通過

国道40号で名寄へ向かいます


この名寄でも見たいもの有りますよ~
20126 北海道 名寄 智恵文ひまわり畑  
                       (⇒こちらからお借りしてます

「智恵文ひまわり畑」

70万本のヒマワリが一面に咲き誇っているそうです!

しかし70万本、誰が数えたんだろう??(笑)


この日は観光はここまで

名寄から20キロ北のキャンプ場に宿泊
20126 北海道 森林公園びふかキャンプ場 1 
                       (⇒こちらからお借りしてます
「森林公園びふかアイランド」

ここ温泉に隣接、サイト乗入可、コインランドリーあり

隣が道の駅なのでなにかと便利そうですね~


この日のルートはこんな感じ↓

より大きな地図で 北海道仮想ルート 3日目 を表示

走行距離は300キロほど

キャンプツーリングなので、走る距離はこの位がちょうどよさそう



さて4日目以降はまた次の記事にします


しかし仮想北海道ツーリングルート・・・

こんなの書いていると、本当に行きたくなります!



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

関連記事

北海道へ行くぞ 函岳~宗谷岬~朱鞠内湖

今年はきっと行けない北海道・・・

20125 フェリー サンフラワー イメージ1 

なので脳内だけで北海道を満喫します(笑)

その第2弾、4日目からスタート !

          (⇒1~3日目のバーチャル北海道はこちら



3日目宿泊のキャンプ場、「森林公園びふかアイランド」

この日、ここから北海道最北端を目指します!


その前にこの近くの函岳
20126 北海道 函岳ルート  

そこからのパノラマ風景を見ておきたい

山頂まではダートを32キロ、これもGSで行く北海道の醍醐味でしょう!


そして標高1129m
20126 北海道 函岳  
                   (⇒こちらからお借りしています

この函岳の大パノラマを見たいですね~

ちなみに奥に見えるのは利尻岳!


函岳で大パノラマを見た後は進路を東、オホーツク海へ

そして海岸沿いの国道238号を走りクッチャロ湖へ到着
 

ここで走りたいのが
20125 北海道 2009年版 マップル 天北南部広域農道 

ツーリングマップル2009年北海道版の表紙、「天北南部広域農道」

アップタウンの全くない直線道路が、地平線に向かって走る道!



この道を堪能した後、再び国道238号を北上

そして
20126 北海道 宗谷岬 最北端の碑  
           (⇒こちらよりお借りしています

宗谷岬、北海度の最北端の碑で記念写真

私はまだ一回しか行ったことがなく、記念写真がないのでこれは外せないイベント


それに近くの
20126 北海道 宗谷岬ウィンドファーム 
                 (⇒こちらからお借りしてます

「宗谷岬ウィンドファーム」も見ておきたいですね~


ここまで距離は200キロほど

しかしダートを60キロほど走るので、既にいい時間になりそうです


なので海岸沿いにもう少し国道238号を走って、稚内でキャンプ

場所はここ↓
20125 北海道 稚内森林公園キャンプ場  
                     (⇒こちらからお借りしてます

「稚内森林公園キャンプ場」

無料で、市内を一望するサイト

市内からもかなり近いので、買い物等も困らないはず


これでやっと北海道最北端到着、出発から4日目

この日のルート

より大きな地図で 北海道仮想ルート 4日目 を表示

各ポイントは、上で紹介した場所になります

走行距離は220キロと少なめですが、ダート走行有りならこの位でしょう



そして5日目

キャンプ場を出発して海沿いに南下していきます

でもその前に稚内市内の
20126 北海道 北防波堤ドーム-01
                  (⇒こちらからお借りしてます

「北防波堤ドーム」を見学  

ここ古代ローマ建築のような建物

今話題の「テルマエロマエ」の世界を彷彿させますね~(笑)


そして海を見ながら南下

天気がよければ海越しに
20126 北海道 利尻富士 6
                   (⇒こちらからお借りしてます

利尻山が見えるかも♪


そしてその海沿いに、
20126 北海道 道道106号 2
                           (⇒こちらからお借りしました

有名な道道「106号」があります

ここ電柱やガードレールが一本もない、原野の中を走る道

ここは走っておきたい、そしてバイクと写真を撮りたい場所のひとつ!



更にググ~ッと南下

国道232号へ入り羽幌町へ

ここでライダーに有名なお店
20126 北海道 吉里吉里 カフェ  

「吉里吉里」に立ち寄ってみたいです

ここで立ち寄ったライダーは撮影後、「ライダー年鑑」に収めて貰えるとの事

ぜひ私もその中に入りたい(笑)  (⇒吉里吉里のHPはこちら


さて稚内からここまで130キロ、まだまだ走れます

ここで国道239、ルートを内陸にとります


目指すはここ↓
20126 北海道 朱鞠内湖 形状  

「朱鞠内湖(シュマリナイ湖)」

複雑な形をした湖で、人造湖では日本で最大の湛水面積


それに北海道の中でも特に寒冷の地として有名

冬場、氷点下のツーリングを嗜む私としては、
20126 北海道 朱鞠内湖 最低気温2  
                          (⇒こちらからお借りしてます

この「日本最低気温のモニュメント」は外せません(笑)


ここ非公式ですが、昭和53年にこの「マイナス41.2℃」を記録

もちろん国内最低気温ですよ~

ちなみに「シュマリ=キツネ」、「ナイ=沢」の意味だそうです



さて朱鞠内湖を堪能してまた海い沿いへ

この日、5日目のキャンプ地へ向かいます


この日キャンプするのはここ↓
20126 北海道 小平町望洋台キャンプ場  
「小平町望洋台キャンプ場」  (⇒このキャンプ場の情報はこちら)


日本海を遠望する、高台の絶景サイトらしいです

料金は650円くらい?

写真を見る限り、車やバイクの乗入もOKそうですね~


この日のルート

より大きな地図で 2012 北海道仮想ルート5日目 を表示

距離は320キロですが、海沿いの快走ルートが多いので距離稼げそうです



さて仮想北海道ツーリングも5日目終了

いよいよ大詰めです!

しかし、なんか書いてて腹立ってきました・・・


北海道、私もいきた~い!!!


もう次はサクッと終わりにします(笑)


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

関連記事

北海道へ行くぞ 羊蹄山~函館、そして自走帰宅

北海道仮想ツーリング最終記事になります

今回は6日~8日目で、東北道を自走で帰宅


しかしこんな記事だけ書いて、北海道に行けない私

なんか悲しくなってきたので、サクッと終わりにします(笑)

                (⇒この前の記事はこちら)  



6日目、小平町の望洋台キャンプ場出立
20126 北海道 小平町望洋台キャンプ場  

ここから札幌、小樽を目指します

しかし札幌の市街地はパス、そして小樽も通過のみ


この2都市は飛行機でこれます

特に私の済む茨城空港からなら、北海道に直通便がありますから!


そのまま南下
20126 北海道 羊蹄山 蝦夷富士 
                   (⇒こちらからお借りしてます
羊蹄山を目指します!

羊蹄山、その綺麗な形から「蝦夷富士」ともいわれる山


羊蹄山を横目に、ニセコパノラマラインへ
20126 北海道 ニセコパノラマライン  
                     (⇒こちらからお借りしてます

ここ、道内有数の絶景ワインディングロード!

是非走ってみたい

ニセコパノラマラインを走った後は、南下

この日の宿泊地、洞爺湖へ


泊まるのは洞爺湖畔、
20125 北海道 とうや中央公園、小公園  
                   (⇒こちらからお借りしてます

「とうや中央公園、小公園」

大人500円、市街地が近いので買い物は便利な場所

この洞爺湖、時間があればバイクでぐるっと一周したいですね~



この日のルート

より大きな地図で 北海道仮想ルート6日目  を表示

距離は約330キロ

これで6日目終了、明日はいよいよ函館を目指します!



7日目、この日で北海道は最期

洞爺湖を出発して南下、フェリーに乗るため函館を目指します!


長万部間では海岸沿いを走ります

そして長万部と言えば
20125 北海道 長万部 毛ガニ  
                       (⇒こちらからお借りしてます

毛ガニ!!!

ここでカニ飯でも食べて、函館を目指します


長万部からは高速

そして高速の森ICで降りるて、
20125 北海道 大沼 
                      (⇒こちらからお借りしてます

国定公園の大沼をぐるっと一周            

そして城岱スカイラインを経て、函館に突入!



その函館ですが、ビジネスホテルで一泊して、その夜を満喫しても良し(笑)

はたまた函館から青森までのフェリー、
20126 函館~青森ャ 

ほぼ一日中あるので、青森までそのまま行くも良し

私的には午後の14:35分に間に合えば、青森までいって宿泊

それに間に合わないなら、函館で北海道の夜を満喫します♪


この日のルートはこれ↓

より大きな地図で 2012年仮想北海道ルート7日目 を表示

距離は200キロ弱、しかも高速付きなので余裕の行程



そしていよいよ本土上陸の8日目

青森からは高速で一気に自走して帰宅!


この帰宅、うまく土日にあたるようにすれば
20126 東北復興支援パス画像 

東北復興支援パス利用可 

バイクなら2800円で帰れます(白河まで)

茨城、自宅まで距離は670キロ、時間は10時間ほどでしょうか

           (⇒東北復興観光支援パスの記事はこちら


青森~茨城自走ルート↓

より大きな地図で 2012北海道仮想ルート8日目 を表示

朝、青森を出れば夕方には茨城着

昼に出発しても、夜の10:00頃には到着出来そうですね~



これでバーチャル北海道、8日間が終了!

  ●往路フェリー(大洗~苫小牧):19時間

  ●北海道での総走行距離:約1500キロ

  ●復路フェリー(函館~青森):4時間半

  ●帰路東北道~自宅:670キロ


なんか書いていて楽しいような、空しいような(笑)


これから北海道にリアルに行かれる方、私の分も楽しんできてください!

そしてお気をつけて・・・


北海道のリアル記事、楽しみにしていますよ~♪


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村



(付記)

今回のバーチャル北海道ツーリングの全マップです

1~2日目:苫小牧~沙流川

より大きな地図で 北海道仮想ルート 1~2日目 を表示

3日目:沙流川~富良野~美深

より大きな地図で 北海道仮想ルート 3日目 を表示

4日目:美深~函岳~稚内

より大きな地図で 北海道仮想ルート 4日目 を表示

5日目:稚内~朱鞠内湖~小平

より大きな地図で 2012 北海道仮想ルート5日目 を表示

6日目:小平~羊蹄山~洞爺湖

より大きな地図で 北海道仮想ルート6日目  を表示

7日目:洞爺湖~長万部~函館

より大きな地図で 2012年仮想北海道ルート7日目 を表示

8日目:青森~茨城

より大きな地図で 2012北海道仮想ルート8日目 を表示


 (⇒「北海道へ行くぞ 苫小牧~富良野~美深」はこちら
 (⇒「北海道へいくぞ 函岳~宗谷岬~朱鞠内」はこちら

関連記事

何故バイク乗りは北海道を目指すのか?

もう8月もぼちぼち終わり

北海道へ「ツーリングに行ってきたよ~」との声も多く聞きます


北海道、バイク乗りなら憧れの地

20125 北海道 マップル 

私も北海道には過去3回ほど言ってます


でもなぜ北海道だけが憧れの地なのか?

ちょっと考えてみました
 



まず船でしか行けない

20125 フェリー サンフラワー イメージ1 

陸続きなら何処までも走る方はたくさんいます

しかしその間に海があると話が違いますよね~

それに船旅は旅情感たっぷりで、まさに旅している気分を満喫できます!


そしてその広大さ

20126 北海道 道道106号 2

遥か地平線の先まで続く道

バイク乗りなら、こんな景色見たら走るしかありません!

この広大な風景の中を、1週間も10日も走れるなんて夢のようです・・・


そしてモノが旨い

20125 北海道 長万部 毛ガニ 

普通の居酒屋でさえ、イクラやウニがてんこ盛り

さらに毛ガニや他にも美味しいモノが諸々・・・

食に興味が少ない私でも、行きたくなります


さらにみんながフレンドリー

20125 北海道 とうや中央公園、小公園 

行く先々の人がみな優しい・・

そしてこちらからいった方々もなぜかフレンドリーになれます 

これが北海道パワーか?


そしてブログネタに最適

北海道、その準備からいれて一ヶ月くらいはネタに困りません

そして帰ってからは、その旅のお話でネタは満載

なのでブロガーなら北海道は必須でしょう(笑)



と、色々上げてみました

今年北海道に行かれた方、どんな気分で走られたでしょうか?

人様のブログを見ていて、大変羨ましい思いに駆られてます・・・


くっそ~、秋に行くか???

以上、北海道に行けない私が北海道を語ってみました(笑)

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・




関連記事