「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

モンベル「クラッシャブルランタン」 1200ルーメン化!

自転車用のライト、今までに色々買いました・・・


ジェントスとか↓

2011 11 ジェントス ドーミネータ DC-105F  )

ジェントス閃 SG-500 1



キャットアイとか

201212 キャットアイ HL-EL540RC    


中華製1200ルーメンとか

201401 ライト 1200ルーメン 到着   


中華製3600ルーメンとか
 
201312 LED ヘッドライト 自転車  3灯  

特にこの3600ルーメンは凄い光量

対向車に申し訳ない位の光・・・




ところで この中華製のライトは色々使えます

自転車のヘルメットにも装着可能↓

201407 LEDライト ヘルメット  

さらにヘッドライト用のベルトもあるので、キャンプ等でも使用可能
 
             (⇒この中華製ライトの詳しい記事はこちら

ならば・・・

以前に購入したモンベルの商品↓

201407 モンベル クラッシャブルランタンカバー 

「クラッシャブルランタンシェード」

これヘッドライトなどに付けて、ランタン化する商品
  

これをこの中華製ライトにつけたら、その光量はいかほどか?

試してみました


まずは普通のLEDのヘッドライトに装着

201401 モンベル ランタンシェード 装着 


そして暗い所で点灯

201407 モンベル クラッシャブルランタンカバー ギフ 

LowモードとHi切り替えて撮影

けっこうな明るさで、テントの中で単行本位なら普通に読めます


次は1200ルーメンライト

同じ場所にて点灯

201407 モンベル クラッシャブルランタンカバー 1200ルーメン 1 

ランタンというより、車のHIDライト並に明るい

椅子の背板が反射して真っ白!


これ一つあれば、何も要りませんね・・・




しかしイマイチその明るさが伝わりにくいのが残念

なので私の家にある明るい代表ランタン

 201401 コールマン ワンマントル ランタン5  201401 コールマン ワンマントル 初点火  

コールマンの液燃、ワンマントルバーナーと比較

二つ同時に点灯、どちらが明るいか?


それがこれ↓

201407 モンベル クラッシャブルランタンカバー 1200ルーメン 比較 2 

写真だと同じくらいに見えますが、実際はLEDの方がかなり明るい

いや眩しい・・・


これをテント内に設置すると、UFOのように光って見えるかも(笑)




しかし実際的には1200ルーメンだと使用時間は3時間ほど

なのでキャンプではそのLowモード

201407 モンベル クラッシャブルランタンカバー 1200ルーメン イメージ 2 

300ルーメンで使うのが実用的

これなら7時間ほど持ちますからね~


そしれにしてもライト

自転車でも、そしてキャンプでも使うんですが、

201407 自転車 初キャンプツーリング テント ハバハバ 自転車  

一体いくつ買ったのだろう?

ライト沼、それは無限に広がります・・・(笑)



-ブログ村のランキングに参加してます-
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
↑ポチッと押して貰えると嬉しいです♪




モンベルのこの製品は優れもの↓

 

なんでもランタンに出来ます(径が合えば)

関連記事