「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

カーボンロードから異音? 【冬場のローラーには注意】

関東昨日は雨、そしてうっすらと雪

せっかくの週末ですが自転車でお出かけは無理


こんな日は三本ローラー

201501 ガレージ ローラー台 ニッセン ビアンキ 1   

寒い車庫にて、石油ストーブ焚いて開始!

でもやっているうちに汗でダラダラになります・・・
 




でも最近このローラーをしている最中、なんか異音がするんです

それも自転車本体から聞こえる気がする

201509 ホイール マビック ビアンキ ホイール装着 色2    

しかもその音が「ピキッ!」という、かなり高い音

5分に一回、多い時は2分に一回位の頻度


これって何の音?

もしかしてカーボンフレームにヒビが入っているとか・・・


なのでフレームやホイール、

201510 サドル スペシャライズド ローミン 装着  

さらにサドルのカーボンレールなどをチェック


しかしそんなクラックや傷は全く見られない

???


何だろう・・・・?




原因不明のまま、ある日の朝もローラー

201512 ロードバイク ビアンキ ローラー 灯油ランタン 

朝はまだ暗いので、ストーブとランタンを点けて走行

さらに足の動きを見るために前方に鏡を設置


そして続けること15分くらい

やはりあの音、「ピキィ!」という甲高いイヤな音


しかし今回はその瞬間!

前面に置いた鏡に何かが光った・・・

 
なんださっきの光・・・?


さらに注意してみると、音がする度に発光している

それがこの部分↓

201601 三本ローラー 静電気17 

タイヤとローラーが接地する部分

よ~く見ると前輪だけで無く後輪からも発光、そして音がする


これって、もしかして・・・?




そう、たぶん音の正体は静電気


ローラーとタイヤの摩擦で静電気が発生、

そしてその瞬間「ピキィ!」という甲高い音がするみたい


ただ普段ローラーしているとこの部分は全く見え無い場所

ましてや明るい場所では全く分からない光


それが今回の暗闇ローラーと、

201510 ローラー 練習 鏡 練習風景    

そして前方に置いた鏡のお陰で発見できました!

いやいや、音の正体がカーボンの割れなんかで無くて良かった・・・


そしてこのローラー静電気、ネットで調べると結構あるらしい

201601 三本ローラー 静電気イメージ 

特に音楽聞きながらやる方は、体にバチバチ来るらしい・・・

 
たかが静電気、されど静電気

ガレージには灯油、そしてホワイトガソリン等の可燃物も多々ある

冬場のローラーは危険と隣り合わせ(笑)



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

新しいホイールで100キロを走ってみた 【ただし雨なので三本ローラーでね】

マイコプラズマに罹る前の話

落車からの復活第一弾ととしてロング走を計画していた

霞ヶ浦と北浦をぐるっと回るルート↓



距離約200キロ、でも獲得標高は500mとほぼ平らな道(笑)

まだ肩に打撲の痛みがあった私にはちょうど良いコース



しかし朝起きるとあいにくの雨・・・

さすがに新しいホイールで↓

201607 ホイール カンパ シャマルミレ 全体 ケースと 

雨の中を走るほど、私は勇者ではない・・・


ならば!

久々にこれで100キロ走でもやりますか↓

201607 ビアンキ ホイール 三本ローラー シャマルミレ 

三本ローラーで(笑)

そして朝6:00すぎにスタート!


その後は延々と漕ぐこと2時間と少し

半年ぶりに、ローラーにて100キロ走達成

201607 ビアンキ 三本ローラー 100キロチャレンジ 結果 ガーミン  

ホイールのせいか、前回の100キロよりキツくなかった気がする

さらに途中に一回、補給のための休憩をいれたのが良かったのかも

肩の痛みもほとんどなく、楽しかったローラー2時間



これでNEWホイールで100キロ走も終了(笑)

201607 ビアンキ シャマルミレ 装着 

ただこれはマイコプラズマに罹る前の話なんです

今これをやったら肺炎になりそう

まずはこれを治さねば・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

結局ローラーの選択肢は楽しく乗れるかどうかだと思う 【3本ローラーに負荷装置をつける】

今後の私の自転車の課題、それは「パワー!」

なので新たにローラーを買うか現在お悩み中

 
今現在は3本ローラー、ミノウラ製の「R700」があります↓

201404  三本ローラー 1 

しかしこの3本ローラーではあまり負荷が掛けられない


アウタートップでケイデンス110以上で漕げば脚にも効いてくる感じ

ただこれだと脚の回転が早すぎるし、なにより音がとてもうるさい

なのでより静かで負荷が掛けられる固定が欲しい・・・



その固定ローラー、候補は2台

まずは定番「ミノウラ」↓

201608 固定ローラー ミノウラ LR760   

私の3本ローラーと同じメーカー

以前修理出した時もとても対応が良く、好印象なメーカー


そしてもう一つは「Tacx(タックス)」↓

201608 固定ローラー Tacx  トレーニングバイク サトリ 

その中でもガーミンとANTで接続可能な機種が候補

練習中にリアルタイムでパワーを表示してくれるのは素敵


お値段、そして品質ならミノウラ

デザイン、そしてガーミン連動を取るならTacx

どちらも甲乙付け難く、選ぶのが難しかった


しかし悩んだ挙句、やはりガーミン連動のTacx「サトリ」を買おうと決意

国内では高いのでWiggleから買おうとHPを開くと、

201609 固定ローラー Tacx サトリ 値段 

値上げされていた・・・


数日前までは3万円を切っていたはず

私が買おうとした途端この値上げ、そしてまたまた悩む私



しかしパワートレーニングはしたい!


なのでとりあえずこんなモノを購入してみました↓

201609 ミノウラ 三本ローラー 負荷装置 アマゾン説明 

3本ローラーに装着する負荷ユニット

ミノウラからオプションとして出ています


こんな風にフレームに付けて使用する↓

201609 ミノウラ 三本ローラー 負荷装置2  

おお、こんなのあるなら初めからこれにすればいいじゃん!

そう思った方は多いはず、私も最初はそう思いました


しかしこれ、同じ「ミノウラ」製でも私のローラーには付かない!


ミノウラさん、そんな殺生な・・・


しかしDIYで他のメーカーのモノに付けている方はネットで見かけます

ただし私と同じローラーに装着している方は発見できず



なんだかんだ言って、やはり私は3本ローラーが好き

なのでこの負荷装置購入に踏み切りました↓

 201609 3本ローラー負荷装置 ミノウラ  

なんとか私の3本ローラーにも取り付けてみようと思います

それにお値段も5千円と新品ローラー買うよりはるかに安い


しかしこれで上手くいかなかったら、いよいよ固定ローラーを検討しないと・・・

    (⇒無事に負荷ユニットが付くのか?続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【3本ローラーと負荷ユニット】
 
この組み合わせならポン付け可能

関連記事

これでパワー&ぺダリングの練習が出来る!【3本ローラーに負荷ユニットを装備】

これからの私の自転車のテーマは「パワー」!

なのでパワーメータ―や固定ローラーを狙っていた

しかし思わぬ落車や予算の都合で中々購入する機会が無い


なのでとりあえず3本ローラーに着ける負荷ユニット↓

201609 3本ローラー負荷装置 ミノウラ  

ミノウラから純正で出ているモノを購入

   (⇒この負荷ユニットを購入した経緯はこちら


しかしこの負荷ユニット、一つ問題がある

これミノウラの純正品ではあるけれど、

201404  三本ローラー 1

私の使っている3本ローラー「L700 Live Lide」には付かないモノ

これが装着可能なのは、現行では「モッズローラー」だけ


ただ他の機種ならDIYで付けている方をネットで見かけた

なので私も加工前提で購入しました



まずは早速開封して中身の確認↓

201609 3本ローラー負荷装置 ミノウラ 実物

中には負荷ユニットにベルト、そして何に使うかわからない金具

日本語の説明書もあるのでとりあえず通読


それによると、「モッズローラー」だとこの位置↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け位置 候補2  

リヤタイヤが乗る2本のローラー、その間に装着するらしい

しかも特別な工具も要らず、押し込めば一発で装着出来るとの事


しかし私の「R700」だとフレームが太すぎて、

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け位置 パイプ  

幅が全然合わず、全く入る気配は無し・・・

そこで考えたのはこの部分を削って同じ太さにしてしまう事

それならこの負荷装置の装着は可能になりそう


しかしそれは最後の手段

まずはは本体を傷つけないで装着する方法を考えてみます



後ろのフレームは太すぎて無理

でもフロントの方は結構細身、ここなら入りそうな気がする・・・


嵌めてみました↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け位置 前1 

かなりユルユルですがとりあえず装着は可能

前のドラムにベルトも届くし、ここならローラーの邪魔にもならなそう


ならばここに装着決定!


まずはこのユルユル状態を何とかします

フレームと負荷装置の間は5㎜ほどの空間があるので、これを入れます↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け  タイヤゴム 

使えなくなった自転車のタイヤ、それを小さく切って挿入

これなら強度もあるし、幅もちょうどいい


あとはこれが走行中に負荷ユニットがズレないように、

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け  タイラップ止め 

タイラップで2重に留めておくく

これならよほどの力が加わっても動かないはず



とりあえずフロント部分に装着できた負荷装置

タイヤとの位置関係はこんな感じ↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け  タイヤ 位置関係 

一見するとタイヤと干渉しそうでちょっと怖い場所

でも走ってみると意外と平気で、慣れている方ならこの位は全然平気そう


ちなみにドラムと負荷装置を繋ぐベルトは脱着可能↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け  ゴムバンド 外し 

ちょっと力が要りますが、こんな感じでドラムから外すことが出来ます

なので負荷が要らない時は外しても使える



さてこれで「ミノウラ R700 3本ローラー改」が完成↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け  改 

ちょっと回した感じでは負荷もいい感じで掛かります

あとでちゃんと試乗してみますが、楽しみ~♪


【追記】

後日ネットで検索すると、同じ機種に付けている方発見!

        (⇒「いつも絶対向かい風」)

そしてやはり同じ位置に装着してました

人間考えることは一緒ですね(笑)


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【三本ローラー】
  
最初から負荷有りを買っておく方が良いかも

関連記事

自転車に乗って15年、初めてメディオを体験する 【なんだろう、この辛さは・・・】

最近3本ローラーに負荷装置を取り付け↓

201609 3本ローラー負荷装置 取り付け  タイヤ 位置関係 

それと共にローラーの練習方法を見直してみました

  (⇒3本ローラーに負荷装置を付けた記事はこちら

    
その練習法ですが、世間でよく聞く「メディオ」というモノをやってみたい

1時間やったらぶっ倒れるペースで10~20分走る

それが「メディオ」、これをやれば確実に強くなれるらしい・・・



でもただ「ぶっ倒れる」といっても、どこまでやればいいのか分からない

なのでまずその「メディオ」の基準となるモノを算出する

本当はパワーメーターで数字を出すと正確なのですが、私は持ってない

なので心拍数を基準にします


その心拍数、こんな感じで範囲分けが出来る↓

201510 心拍数 運動強度 表 ポラール  

最大心拍数は年齢によってほぼ決まっている

基本は「220-年齢」、人により±10くらいの差があるみたい


表の「1~4」までは有酸素運動で、5以上が無呼吸運動となる

自転車の場合は「2~4」のゾーン、有酸素運動でやるといいらしい

強度「5」はスプリントとかアタックとか、さらにガチで自転車に乗りたい人向け


ちなみにゾーン「2~4」、どの範囲で練習しても効果は同じとの事

細かい点では微妙に違うらしいですが、大体得られる効果は一緒らしい


ただしトレーニングにかかる時間が圧倒的に違う

強度が低いゾーン「2」だと2時間かかる練習が、ゾーン「4」だと20分で済む

そんな感じらしい


なのでより効率的に練習するならゾーン「4」をひたすらやる

これが「メディオ」という事になるらしい

なるほど、何となくわかってきた



さて実際私のメディオトレーニング、どのくらいの心拍が良いのか?


 ●まず安静時心拍数を測る ⇒私は「46」

 ●次は最高心拍数を測る ⇒今年のマラソンで「189」、これが最高
  

あとはネットにある計算機に数字をいれて、その結果がこれ↓

201609 心拍によるトレーニング計算表12  
               (⇒ここに色々な計算機があります

私の場合赤枠のゾーン4(80~90%)、これがメディオ域になります

この心拍数で練習すれば効率的なトレーニングができるはず


この数字を目指して3本ローラーをやります↓

201609 ミノウラ 3本ローラー ビアンキ シャッター前 

内容としてはアップを15分、心拍がメディオ域まで上げ10分キープ

それが終了したら回復走(5分)、そして再び心拍をメディオ域まで上げて10分

最後に再び5分の回復走をやって終了


お、なんか短い時間で簡単に終わりそう♪

ちなみにこのメディオ、2セット以上やらないと効果は少ないとの事



そして実際にやった感想ですが、マジでキツかった・・・


まず3本ローラーで心拍を160まで上げるのに時間がかかる

さらにそれを10分維持する、でもこんなに長い10分はローラーでは初めて

それが終わって5分の回復走、そしてまた次のメディオ10分が始まる

この2回目なんて、頭は真っ白でなにも考えられない


メディオ練習って、こんなに辛いのか・・・


さらにこのメディオ、週に3~4回くらいはやらないとダメらしい

私は週1でラン、そして週に2回は筋トレ、そして4日ローラー

なのでメディオを週に4回という事は、ローラーは毎回メディオのみ・・・


ちょっと前まではとても楽しかった3本ローラー↓
 
201404  三本ローラー 1 

今はとても辛いローラーになってます・・・


しかしそんなメディオ練習を初めて2か月が経過

先日実走する機会がありました

201610 ビアッジオ ジャージ配布ライド 葛西臨海公園への道 

確かに同じ速度でも、以前より心拍も脚も楽になった気がする

なにより巡航速度が若干上がったか?
 

やはりメディオ、確かに効果はあった!

というか、これだけやれば効果がない方がおかしいというのが実感(笑)

          (⇒その効果が実感できた記事はこちら



なので今はちょっとだけ、またローラーが好きになってきた

でもまだメディオ10分×2本くらいでヘロヘロになる

これをプロは20分×4本とかやるらしい、やはり凄い・・・


本当はパワーメーター使った方が正確↓

201606 パイオニア パワーメーター 画像  

でもパワーメーターはまだしばらく買えそうにありません

なのでとりあえず私は心拍ベースで頑張ります!


以上、メディオについて勝手に語ってみました

間違いや勘違いもあると思いますが、その辺はご容赦を


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事