「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

一人ブルべ600キロの秘密兵器 【ラテックスチューブ】

今年のGWは自転車にてロング走を計画

5日で800キロ、しまなみ海道を満喫できました


最初の2日は茨城~大阪間、「一人ブルべ」と称して↓

201504  茨城~大阪600キロ 地図 

600キロの距離を宿泊無しで一気に走行

40時間を想定してましたが、結果的には37時間で走れて大満足




しかし走り出す前はかなり不安が有ったのも事実

なにせ5キロほどの荷物を背負ってのロング走、お尻が心配


なのでこんなモノを用意↓

201505 ラテックスチューブ SOYO  

ラテックスチューブ

一本2700円もするシロモノ・・・

タイヤじゃなくて自転車のチューブ一本のお値段がコレ


しかしこれに変えると乗り心地が劇的に変わるとの話

なのでかなりお高いチューブですが購入を決意

背に腹は変えられない、いやお尻には変えられない!


さらにこのチューブを↓

201412 ビアンキ CV フルクラム3  

25C という太いタイヤに装着

空気圧もいつもよりちょっと低めの7berに設定




するとその乗り心地は・・・

最高!


いや乗り味が全然違います!


地面のゴツゴツを全て吸収してくれる感じ

お尻でも、そしてハンドルでも明らかにその効果が分かります

 
さらにこのチューブは軽量で48g

201505 ラテックスチューブ SOYO 重量   

高性能と言われるパナレーサーの「R-AIR」が70g前後

たかが20gですが、回転するモノの外側が軽くなるとやはり違う

転がりが軽くて進む感じ


それがロング走にも効果を発揮

大阪までの600キロ、お尻は何とか持ちました

201504 ビアンキ ロング 装備  サドルカバー3  

結局このエアクッションカバーの出番はなし(笑)

その後「しまなみ」を含めてさらに200キロ、楽しく走行出来ました♪

いや、ラテックスチューブ万歳!




でもこのチューブにも弱点はあります

空気の抜けが極端に早い・・・


最初の3日間は放置、そのころはかなりユルユルな感じ

多分5BERを切っていたかも

なので最低でも2日に一回は空気を入れないとダメ


私は今回フロア式のエアーポンプを持参↓

2012 3 Giyo インフレーター 入れ方  

これなら7berまで余裕で入るので、1日一回のポンピングでもOK

しかし手押し式で毎日だと辛いかも・・・

それでもラテックスチューブ、一度使うとやめられない




ちなみにこのチューブはこんな色↓

201505 ラテックスチューブ 色と粉 4 

これを見た時、そして触れた時あるモノが頭に浮かびました・・・・


実はこれ、世界的避妊具メーカー「オカモト」が製作

質感も手触りもアレそっくり(笑)

なので丈夫さにも定評があり、パンクもしにくいみたい


例えば空気をいれると↓

201505 ラテックスチューブ 伸び  

こんなにパンパンに張れるみたい

さすが世界の「オカモト」(笑)

   (⇒こちらから画像をお借りしました




しかしこのチューブ、このお値段なのでパンクしたら痛い


と思っていたら、「しまなみ」から帰った翌日に↓

201505 ラテックス チューブ パンク 4 

やってしまいました・・・

タイヤがサイドカット、そしてチューブも一緒に破裂・・・

この穴の大きさではパンク修理も不可能


2700円のチューブが一瞬でパー・・・

このチューブ、交換は慎重にやらないといけませんね


それでもこのチューブ、一度使ったら止められません!

201505 ラテックスチューブ SOYO  

なのでただ今注文中、到着待ち


100キロ200キロなら本当に極楽気分

600キロでもお尻に優しいチューブ


そして多分タイヤを選ばないチューブ

これならお安いタイヤでも本当に気持ちよく走れそうです♪


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 



チューブでこんなに変わるとは思わなかった
  
タイヤを変えるよりいいかも♪

関連記事