「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

夏、タープのみで寝るための虫対策 

もう5月も中旬、キャンプには気持ちの良い季節♪

今回は、そのキャンプスタイルについてのお話


今年の3月、愛知渚園にてタープにシュラフのみでキャンプ

201303 渚園 オープンサイト2 0

このオープンスタイルの解放感に、すっかり味をしめてしまった私(笑)

今週末の陣馬形山キャンプもこのスタイルでいこうと画策


しかしこれからは虫も出てくるので、その対策もしないと

なので、タープのみで寝るための虫対策を考えてみました


場所は近くの公園

201304 桜 アドベンチャー1 

ちょうど桜が満開の頃、4月の公園にて色々やってみましたよ~



まずはスノーピーク製の小型タープ、「ペンタ」を張ります

201304  タープ「ペンタ」1 

このペンタ、一人ならすごく使い勝手の良いタープ

前回のキャンプこのタープにコットのみで就寝

3月下旬でしたが厚手のシュラフなため、かなり良い感じで寝れました♪


ただ暖かくなるにつれ虫対策は必須!

なので今回はこんなものを用意↓

201304  タープ モスキートネット1  

モスキートネット、いわゆる蚊帳ですね

この蚊帳、以前に参天テント用に購入したもの


こんな感じで展開します↓

201305 モスキートネット  
 BRETTSCHNEIDER ビックポーラー モスキートネット

これを今回「ペンタ」タープの中にビルトインします!



やり方は簡単

この蚊帳はピラミッド型で底が無く、四隅にペグダウン出来ます

201304  タープ モスキートネット2 

なのでその天頂部分をタープのポールの先端に結び、

あとはこの蚊帳の四隅をペグダウンするだけ


そしてその中にコットを入れて完成↓

201304  タープ モスキートネット4 

けっこう収まりは良いかも♪

そして本来の目的の、解放感もばっちりそう!


バイクと一緒に撮影↓

201304  タープ モスキートネット3 

う~ん、このままお花見してお酒飲んで寝てしまってもいいかも(笑)

ちなみにこの蚊帳の目、非常に細かくて殆どの虫はシャットダウン!

足元さえ気を付ければ、虫対策はバッチリみたい


ただ土砂降りや、風が強い場合はどうするか・・・?



なのでさらに今回は、こんなものも持っていきました↓

201304  タープ  ムーンライト1 

モンベルのテントムーンライト1」

これ3年ほど前に購入、でもまだ使った事が無いテント(笑)

これ仕舞寸法が小さくて設営も楽なので、これを非常用に持参するといいかも


タープと合わせて使うとこんな感じ↓

201304  タープ  ムーンライト1 1 


別角度から↓

201304  タープ  ムーンライト1 2 

雨や風が酷い時には、こちらのテントをタープ内に設置

それにこのテントは自立もしますから、あずま屋などの下にも退避可能です


さて次回のキャンプは陣馬形山!

このスタイルでで、満点の星空とアルプス満喫しますよ~

しかしながら、今のところ予報は雨・・・

でも雨なら雨のキャンプを楽しむ事にします♪

 
 ↓

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!



これ収納サイズが小さいのでいいです



タープのみのキャンプでは、夏場は必須かも・・・

関連記事