「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

話題のREC-MOUNTS とても微妙な商品・・・ 【自転車】

ブルべ、ロング用に良いといわれる「REC-MOUNTS」

 201501 REC-MOUNT キャットアイ   
     REC-MOUNTS Type7 ステムボルトタイプ

ライトやカメラ、サイコンやナビをスッキリ収納出来ます


それに惹かれて私も購入

一番耐久力のありそうなタイプ7を購入↓

201503 REC-MOUNT タイプ7  
   REC-MOUNTS Type7 ステムボルトタイプ

早速装着開始!    (⇒このマウントの購入した記事はこちら




こういう風に取り付けるらしい↓

201503 REC-MOUNT 取り付け方  

ステム先端のハンドルを固定するボルトをはずし、

このマウントを装着します


実際に私も装着してみました↓

201503 REC-MOUNT 装着1  

う~ん、なんか微妙なデザイン

それに、アルミの地色がそのままってどうかな~?

少なくともカーボンには合わない気がします・・・


とりあえずガーミンも装着↓

201503 REC-MOUNT 装着 ガーミン  

なんかさらにアルミが目立ってイヤ(笑)

それにこのモデル、角度が調整できないので見にくい・・・




しかしREC-MOUNTS、その最大の特徴は別にあるはず

それはこのガーミンの下にライトを装着出来る事!

 
とりあえずキャットアイの「HL-EL540RC」を装着↓

201503 REC-MOUNT 装着 キャットアイ  

さすがにでかいか・・・

それにこのライト、重さが250g超えている

なので走行中に折れるかも・・・


だってマウントの注意書きに、

201503 REC-MOUNT 推奨荷重 

下のライトの推奨荷重は135gと明記

ちなみに上の推奨荷重は150g、ガーミンは60g程度なので余裕


しかし130gのライトってかなり小さいモノしかない

とりあえず以前に購入した、

201503 REC-MOUNT 装着 中華製ライト  

この中華ライトをゴムバンドで無理やり装着

これなら100gちょいなので何とか大丈夫なはず


実際にこれで走行↓

201503 REC-MOUNT 装着 中華製ライト 走行  

これなら段差でもガタガタしないので、破損の心配はなさそう

それにライトが真ん中についているので見やすいかも




しかしREC-MOUNT、カタログと取扱い説明書の重量制限が違う

カタログではこのタイプ、上下合わせて500gまでOK↓

201503 REC-MOUNT タイプ7 PDF 重量制限 

下側だけでも350gまで大丈夫となってます

でも実際に商品と同封されている取説は、かなり少ない数字


これってどうだろう???

なんか釈然としない・・・


ところで角度調整の件

実は似たようなモデルで↓

201503 REC-MOUNT タイプ17 装着例  

タイプ17というモノを後で発見しました

これ角度調整が出来るタイプ、しかしお値段は1000円アップ


HPみれば分かりますが、ラインナップが有り過ぎて分かりにくい・・・

REC-MOUNTS、とにかくなんか微妙です(笑)

           (⇒REC-MOUNTSのHPはこちら


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 



色々有って、逆に分かりにくい・・・
  
でも確かにスッキリは収まります

関連記事