「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

バイクの点検費用 最高17万円・・・

 先日、自宅から30キロほどあるディーラーさんへ、

201302 ディーラー レインボー 2 

歩いていきました(笑)

往復で60キロ12時間・・・

辛かったです・・・  (⇒この記事はこちら



さて、そのディーラーさんにてご相談

次の1万キロ点検時、どのような形にするか?


今度の点検にやるべきこと

 ●普通に1万キロ点検

 ●そして車検(4月の終わりで切れます)

 ●フロントブレーキディスクローターの交換

この3つ


これをディーラーさんにすべてお任せするか、自分でやるか

それによってお値段は全然違います



まずは1万キロ点検、これは20,000円弱(消耗品別途かかります)

このお値段、BMWのディーラーさんではかなりお安いです!

なのでこれはディーラーさんにお任せ決定


そして車検

車検代行と諸費用で50,000円弱といったところ


そして問題なのがフロントブレーキディスクローター

 20125 ディスクローター 2 

純正品は1枚44,000円、しかもこれが2枚必要に・・・

それにそれを止めるボルト10本と工賃

全部合わせると、ブレーキローターの交換だけで100,000円位に・・・


上記をすべてディーラーさんにお願いすると、〆て170,000円・・・

う~ん、車の車検より高い(笑)

まぁ、純正のディスクローターが高いのでこのお値段なんですが



ではこれをできる限り自分でやるとどうなるか?

まず1万キロ点検、これはお安いのでディーラーさんにお願いします

なのでお値段変わらず2万円弱


次に車検、これはユーザー車検でやってしまいましょう

前回の車検も↓

 2011 4 バイク車検 ユーザー受付3 

自分でやってますし、そんなに難しいモノでもありません


すると代行費や、検査費分かからずお値段は2万2千円ほど

ここで約2万円以上浮く計算

     (⇒前回やったユーザー車検の記事はこちら


そして問題のディスクローター

これは部品を自分で調達してしまいましょうか!

海外の通販サイト↓

201302 HORNIG
HONIG

ここ、日本語対応のサイトができました


ここにあるフロントディスク

201302 HORNIG フロント・ブレーキディスクb
                        (⇒これです

これを2枚購入しようかと思ってます

お値段153ユーロ、日本円換算で2万円しません

なので2枚購入してもお値段4万円弱と、純正ローター1枚分もいかない値段(笑)

実際には郵送料がかかるので、もう少し高そうですがそれでもお安い!


これをディーラーさんに持ち込み、取付けて頂きます(ディーラーさんにOK頂きました)

すると工賃とボルト込で6万円程度で済みそうな感じ

なのでここで約4万円の節約



とすると、掛かる費用は

 ●1万キロ点検 ⇒ 20,000円

 ●車検(ユーザー) ⇒ 25,000円

 ●ディスクローターの交換 ⇒ 60,000円

〆て105,000円と、約65,000円のお得


とすると、

20125 タイヤ交換 交換後 フロント  

タイヤを前後新品交換して、お釣りも出そう(笑)

なので今回はこの方法でやろうなか~と思ってます


ちなみに社外品のディスクローター交換についてですが、

ディーラーさんいわく、パッドとの相性が分からないのでなんとも言えないとの事

それにもちろん何かあっても補償対象外

なので交換はしますが、自己責任でお願いしますとの事でしたよ~


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 

関連記事

ドイツHORNIGより到着 ブレーキディスク

先日に注文したディスクローター

201302 HORNIG フロント・ブレーキディスクb

ドイツの通販、「HORNIG」から無事到着!


注文してから到着まで2週間くらい

ちなみにお値段は2枚で40000円弱(送料含む)、税金1000円



すっげーでっかいダンボ―ル箱にて到着

中には一杯のクッション材とブレーキローターが2枚

201304 ホーニング ディスクローター1 85  


純正モノと並べてと比較してみます↓

201304 ホーニング ディスクローター 比較 85

穴の位置等微妙に違いますね~

質感としては純正の方がいいかもしれません

まぁ、お値段半分だから仕様がないか・・・


ちなみにブレーキローターと一緒に、「HORNIG」のカタログも同梱されてました

201304 ホーニング カタログ 

けっこう厚みのあるもので、これ見てるのも楽しいです♪



さてモノは揃いました

あとはディーラーさんにお願いに行くだけですが、いつ行くか?


10万キロ点検でお願いすると、

201303 浜名湖キャンプ 距離  

あと100キロ程で持ち込まないとですね


それとも今月の下旬に行く下関、1500キロほど走ってからお願いするか?

ボチボチタイヤも交換なので、一緒に交換すれば若干安くなるかも??

要相談ですね~

ディーラー様、今回もお世話になっちゃいます!



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!

関連記事

MTBを旅仕様に ドロップハンドルにTRPのブレーキ装着

去年から取り組んでいる課題

201312 ディズナ バンディーハンドル 装着 STI 1 

MTBドロップハンドル化計画

今年はこの自転車でキャンプツーリングに行きます!


ドロップハンドルはディズナ↓

201301 ディズナ バンディーハンドル 1 

「バンディーハンドル」を選択

これ前傾がキツくない、旅向き?のハンドル


そのハンドルにシマノの「STI

201311 STI アルテグラ 

シフターとブレーキが一体型になってます 

 
しかしMTBのVブレーキ、この「STI」では全然引けません

引く比率が違うみたいで、装着は出来ますが全くブレーキが効かない・・・


なのでこんなモノを間にかませてみました

201312 ブレーキレギュレーター  

ミスターコントロールの「ブレーキレギュレーター」

とりあえず効くんですが、なんかフニャフニャで頼りない・・・

と、ここまでが前回のおさらい  

      (⇒MTBドルップハンドル計画の記事はこちら




なので今回はこれを導入↓

201312 TRP CX8-4
       TRP CX8.4 (前後セット)ブレーキ 

ショートVブレーキと言われるのモノ

特にこのTRPは、「シクノクロス」で結構使われているブレーキ


ネットで割安品を見つけたので早速注文

201401 TRP6 

見た目は良し!

アルミの削りだしが素敵です♥

しかし割安だっとはいえ、お値段も素敵な値段・・・




早速取付

普通のVブレーキと一緒なので

201401 TRP 装着2   

サクッと付きます

調整も楽々♪


で、そのブレーキの効き味ですが・・・

201401 TRP 装着1 

おおっ!ちゃんと引ける・・・

しかも結構かっちり引ける!!!


ブレーキ、ちょっと深い感じがしますが、かなりカッチリ効きます

とても良い感じ♪


さらに一緒に付いてきたこれ↓

201401 TRP 装着 アジャストケーブル 

このアジャストケーブルが秀逸

これクルクル回すだけで、ワイヤーの引きを±1センチくらい調整可能

これだけでも売って欲しいような商品です


ただこのブレーキ、タイヤとのクリアランスがあまりない

201401 TRP 装着1 タイヤとの間  

これは1.5インチのタイヤとブレーキワイヤーの写真

ワイヤーとタイヤの間は1センチもありません


なので普通のMTBのタイヤ、2.0インチとかは装着不可

ギリギリ1.75がいけるかどうか・・・といったところ




何はともあれ、STIでブレーキが効くようになりました

201312 ディズナ バンディーハンドル  STI 1 

これでブレーキはOK

あとはシフターケーブル取り回して、微調整に入ります

MTBのドロップ化計画、着々と進行中!



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!



ブレーキは命に係わるパーツ、大事です!

 

しかしこの値段はちょっと痛い・・・

関連記事