GSアドベンチャー V3パッキングの容量

最近気に入っている、キャンプ用のパッキング↓ V3パッキング(笑)これ、どういう振り分けになっているのか?ご紹介ですまずはケースとバック類①トップケース ⇒32リットル②左側パニアケース ⇒38リットル③右側パニアケース ⇒44リットル④左パニア上作業箱 ⇒14リットル⑤右パニア上作業箱 ⇒14リットルと後方のパニア、バックだけで140リットル強の積載が可能そしてタンクに、  ⑥デグナーのタンクバック⇒最大12...続きを読む >

キャンプ時のパニアの中身 整理整頓中

今年はまだ一度もキャンプにいけない私   なので妄想だけは色々広がります(笑)なので雨の日を利用してキャンプ道具整理そして、今後のパッキングでも考えますちなみに私のキャンプ時のパッキング↓メインの箱は5個、あわせて142リットルの容量があります今回は、①~⑤の番号で振り分けてその中身を整理していきます①トップケース(32リットル)  左:収納時  右:展開時夏場はロゴスのハイバークーラーボ...続きを読む >

キャンプ時のケース等、整理整頓中その2

R1200GS-Aのキャンプ時のパッキング、 その中身の整理の続きになります前回はメインのパニアの中身を整理整頓 今回はタンクバックやその他サブのパッキングの中身です           (⇒前回のパニアの中身の記事はこちら) ⑥タンクバック :12リットル~25リットル(可変式) ここには地図、デジカメ、ヘルメットロック用のチェーンホッカイロや耳栓(キャンプ睡眠時用)、予備のライターもここ...続きを読む >