「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

心拍計の効果 ハートレイトモニター

相変わらずレコーディングダイエットは続けています。
今は体重は62キロ前後で推移してます。(その成果はまた後日)。

私のトレーニングにはこれが手放せません。
ポーラ心拍計
ハートレイトモニターいわゆる心拍計です。

これでなにが出来るかというと、

  ●心拍数が計れる 
  ●タイムが計れる(スプリットも)
  ●消費カロリーが出る
  ●個人記録(身長、体重、年齢)により割りとちゃんとした数字が出る
  ●もちろん時計の機能もある

と色々(でも無いけど)出来ます。

自分で心拍数を設定すると、音で知らせてくれます。

例えば一分間に120~130で走るように設定すると、

それより低い心拍数(110とか)ならばゆっくりとピッ、ピッ、ピッと鳴って
心拍数が設定を超えると(140とか)早く
ピッピッピッと鳴って知らせてくれます。

これだけの事なんですが、かなり楽しく走れます♪



心拍計を使うと自分の運動強度がよく分かるし、色々考えながら走れます。


これを使う前はかなり無理、そして無駄なトレーニングをしたのも分かります。
    (心拍計を使ったトレーニングの詳しい方 ⇒ www.polar.jp/html/polar/about_hrm.html
      
                               (⇒記事「心拍数とトレーニング」はこちら


例えば、効果的に脂肪を燃やせる心拍数、どのくらいか知ってますか?

いわゆるジョギング程度の運動なんですが、ジョグとマラソンの区別なんて付きませんよね。

一応おう軽度のものがジョグで、本格的なものをマラソンという事にします。

ジョグの心拍数は最大の60%~70%くらいです。

これは会話しながら走れるくらいの心拍数。

 ジョグ ⇒ 軽度の運動の割りに(心拍数的には)体脂肪は燃えやすい〈有酸素運動)
 マラソン ⇒ 運動強度は高いが体脂肪よりも炭水化物が燃えてしまう



この辺を間違ってトレーニングしてると、きつい割りに全然やせないという事になります。

動いているのに体重が減らない人はこの傾向があるかも知れません。

私も心拍計を使う前まではその傾向がありました。

今ではトレーニング時、心拍計は手放せません。





―押してもらえると頑張れる気がします↓
 にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
            にほんブログ村  にほんブログ村

関連記事