「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

次のテント探し、自転車旅を考えると・・MSRか?

最近次のソロテントを探してます

今メインで使っているのはこれ↓

20124 陣馬形山 T501 アルプスと 4

ドッペルギャンガーのT5-23(旧T501)


テントの底を切り抜いて参天風に使ってます

自立するし中で煮炊きも出来るしで、これはこれでお気にいり

しかし購入してもう3年、さすがに経年劣化が目立ちます

     (⇒ドッペルテント、床を切り抜いた記事はこちら


虫のいない時期ならこれで十分↓

201310 陣馬形山  ペンタ アルプス 

タープの下にコット、これ解放感アリアリで素敵♪

でも蚊に刺されまくるので、夏はアウト! 

    (⇒このスタイルで蚊に刺されまくったキャンプ記事はこちら




なのでこれからの時期にむけてテントを検索

とりあえず次の候補もドッペルギャンガー

その中でもなんかいいな~と思っているのはこれ↓

201401 タープリーテント T3-106 ビッグストレージ 細部 

「T3-106」というモデルで、ワンタッチテントに+タープ付き

これ一つでなんでも対応できそうです


しかしドッペルワンタッチテント↓

201401 タープリーテント T3-106 ビッグストレージ 仕様 

相変わらずその仕舞い寸法がでかい・・・

     (⇒このテントを調べてみた記事はこちら




今年は自転車で旅もしたいな~と思っている私

201312 ディズナ バンディーハンドル 装着 STI 1 

MTBにキャリアー付けたり、ドロップハンドル付けたりしてます

       
なのでこの際、自転車旅でも使えるテントの方が良いのかな~と思ったり?

なのでそれを考えて、再びテント検索


するとこんなモノが候補に!

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ 2人用テント  

MSRの「Hubba Hubba(ハバハバ)」

いや、思いっきり普通のテント(笑)

それにこれ、結構収納サイズが長いので自転車ではちょっと・・・?


でもね、オプションが気に入ったんです

このMSRハバハバ」、ギヤシェッドというモノが別付け出来ます!


そのギヤシェッドを付けるとこんな感じ↓

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ 2人用テント + Gear Shed   

ね、なんか上のドッペルテントみたいでしょ(笑)




そしてこのシェード部分が結構広い

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ Gear Shed サイズ  

2m×1.7mの広さがあります

なので雨の日なんかはここで煮炊きも可能


バイクならテント+ギアシェッド、自転車なら本体のみ携行

このテント、バイクなら使っている方いますが自転車なら目立つはず!


う~ん、どうしよう???


でも私にMSR? 私にハバハバ

似合わないよな~(笑)


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!



この二つのテント

 

なんか似てる?(笑)?

関連記事

MSRハバハバ ギアシェッドも一緒に買っちゃった・・・

我が愛すべきアウトドアメーカー、「ドッペルギャンガー」

アウトドアシーズン本番前に、新作投入

テントだけでも色々でましたね~


コンパクトな2ルームワンタッチテント

201404 ドッペルギャンガー ワンタッチ 2ルーム    
    DOPPELGANGER 2ルーム ワンタッチテント T3-159



どこかで見たような山用テント

201404 ドッペルギャンガー ウルトラライトリラックステント2   
    DOPPELGANGER アウトドア ウルトラライトリラックステント



それにエアフレームのテントまで↓

201404 ドッペルギャンガー エアフレームテント2 
   DOPPELGANGERエアフレームテント T2-192

あいかわらず訳が分かりませんが、そこが大好き♥

  (⇒ドッペルの新作、色々ピックアップした記事はこちら




しかしそんな頑張る「ドッペル」を尻目に、私は・・・


MSRの「Hubba Hubba(ハバハバ)」買っちゃいました!

しかもギアシェッドも同時購入~(笑)

201404 hubba hubba ハバハバ ギアシェッド  

私がMSR、しかも「ハバハバ」を買う日が来るとは・・・

自分でも想像できませんでした(笑)


ちなみに私が買ったのは普通の「HUBBA HUBBA」と「GEAR SHED」

連結するとこんな感じ↓

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ 2人用テント + Gear Shed  

フルメッシュで3シーズン用になります


この上のクラスに「HubbaHubba HP」なる物があるんですが

これはもう4シーズン山用なので、私にはオーバースペック
 

ところで2014年の新作ハバハバは↓

201404 hubba hubba ハバハバ 白  

「白」になったみたい・・・


こちらの色、クールで素敵ですね~♥

でも白いテントに緑のギヤシェッドは「?」だったので却下!




実はもう試し張りも終了してるんです・・・

桜とハバハバの写真も撮りました↓

201404 hubba hubba 自転車 試し張り2  

実はこの自転車も今回初投入のドロップ仕様のMTB

時は桜満開、春爛漫な日♪

それはまた別記事でご紹介しま~す

     (⇒ハバハバのインプレはこちら





にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!




「ハバハバ」色々・・・

  

やっぱり白、かっちょええですね~

関連記事

今さらですが新テントの所感 微妙かも・・・

今年の4月に買った新しい幕、

MSRの「Hubba Hubba(ハバハバ)」

201406 hubbahubba ハバハバ  自転車と2  

4月に試し張りをしたままで放置

そしてやっと、前回の陣馬形山キャンプで初張りできました

いまさらですがそのインプレしておきます


ちなみに私が購入したのは

テント本体とフットプリント(グランドシート)

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ 2人用テント  


そしてギアシェッド(前室)

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ Gear Shed  

この3セットになります

ただし色が緑なので、もう型遅れ

なので参考にならないかもしれません(笑)




設営は簡単

フットプリントを敷いて

201406 hubbahubba ハバハバ  フットプリント ポール  

ポールをセット

このポールは一体式なので、パタパタと展開していくだけでOK

それをフットプリントのハドメに入れていきます


この時の注意点はこの上部のポール

201406 hubbahubba ハバハバ  フットプリント ポール2  

これが上側になるようにすること

下方向に付けると、テンションがかり過ぎて破損の恐れがあるみたい


あとはこのポールに

201406 hubbahubba ハバハバ  インナーテント  

インナーテントを吊るすだけ

本当に簡単で、ここまで3分もあれば余裕で設営


ちなみに私が購入したのは普通のHubba Hubba

なのでインナーテントはフルメッシュ

201406 hubbahubba ハバハバ  インナーテント2 

シュフラフ次第ですが、普通に使えるのは3シーズンといった所




あとは外側にフライシートをかけて完了

201406 hubbahubba ハバハバ  完成   

ここまで5分程度

簡単なテントですね~


しかし!

後で気が付いたのですが、このフライシート↓

201406 hubbahubba ハバハバ  ロゴ 反転  

表と裏を反対に装着

MSRのロゴ、反転してます・・・


以下このまま、ロゴ反転したままの写真でいきます(笑)




さてテントの寸法ですが、張ると結構大きい

201406 hubbahubba ハバハバ  完成2  

二人用ですが、テントの両サイドの張り出しのため大きくみえます

高さもあるので、テントの出入りも楽


そして内部、これもかなり広く感じます

201406 hubbahubba ハバハバ  中 メッシュ  

これはテント上部にある、一本の横ポールのお陰

これが上部の空間を広くしているので圧迫感が無い


ただし高さがあるので、強風には弱いか?




ハバハバ、総じて良いテント

201406 hubbahubba ハバハバ  自転車と3  

しかしお値段は結構しますから、

なのでそれを考えると、ちょっと微妙なテント・・・


それに収納サイズ

201404 hubbahubba ハバハバ 収納  

重量1.8キロ、収納サイズは51㎝×17㎝

テント本体の重量は軽いのですが、仕舞寸法が長い・・・


同じくらいの値段のテント

201406 モンベル ステラリッジ2 

モンベルのステラリッジなんか長さ32センチ

これを考えても、やはり微妙・・(笑)




しかしその微妙さ、購入前から分かってました

でもあえて購入したのはこれが欲しかった↓

201406 hubbahubba ハバハバ  ギアシェッド  

テントにオプションとして装着出来るギヤシェッド!

これに期待しましょう(笑)


でもまだまだ長くなりそうなので、こちらは後でご紹介します

             (⇒ギアシェッドのインプレはこちら

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!

関連記事

MSRハバハバ ギアシェッドの使い心地

今年新規導入したテント

201406 陣馬形山 キャンプ場 ハバハバ 自転車  

MSRの「Hubba Hubba」

中々に良いテントですが、お値段そして収納を考えると微妙なテント

         (⇒ハバハバの設営、そして所感の記事はこちら


しかし私がこのテントを買った理由は別にあります・・・


これが欲しかった↓

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ Gear Shed   

ギアシェッド」!

テントに装着して、前室を作れるというもの

ハバハバ、これに惹かれて買ってしまったようなモノです(笑)




さてギアシェッドの設営方法のご紹介

まずテントの入口のどちらか一方を完全に開放


その開いた部分に、

201406 hubbahubba ハバハバ  ギアシェッド 接続  

ギアシェッドに付いているフックをテントのポールに掛けます

赤丸がそのフックがかかる場所で、全部で6カ所

これは長さが調整可能になってます


その後で、丸い輪っかになる部分に、

201406 hubbahubba ハバハバ  ギアシェッド ポール  

ポールを通しますが、これはスリーブ式なのでちょっと通しにくい

そして三か所をペグダウンして終了




 これが完成形↓

201406 hubbahubba ハバハバ  ギアシェッド 完成  

テントにしたら結構な大きさになります

それに形が独特で面白~い♪

この解放部分、もちろんクローズ可能



ギアシェッドのサイズはこれ↓

201401 MSR Hubba Hubba ハバハバ Gear Shed サイズ (写真) 

縦1.7mそして横が2m有ります

ギヤシェッドにコット入れれば、もう一人が寝れる広さ


さてテントに座って中の様子を見るとこんな感じ↓

201406 hubbahubba ハバハバ  ギアシェッド 内部 

ギヤシェッドの三角部部には床が付いてます

この部分は濡らしたくないモノを置くと良いのかな?


そしてフロアレスの部分で煮炊きも出来そう

201406 hubbahubba ハバハバ  ギアシェッド 横  

ギアシェッド、反対側も開けれるので解放感も有り♪




と、結構良さげなギアシェッド

しかし落とし穴がありました・・・


こちらもポールが48㎝と長いんです 

なのでやはり収納サイズを考えると微妙なシロモノ(笑)


手放しで喜べない、MSR「Hubba Hubba」の3点セット

201404 hubbahubba ハバハバ 収納 

今後なんとか活用していきたいと考えてます

見た目は良いテントだし(笑)
 

特にハバハバ、フットプリントが有れば↓

201406 hubbahubba ハバハバ  フットプリント ポール  

インナーテント無しで、シェルターみたいに使えます

虫が気にならない時期なら、そんな張り方もあり




でもね最近はまた違うテントに目移りしてます


今一番欲しいのはこれ↓

201406 ドッペルギャンガー テント T3-159  

ドッペルギャンガーのワンタッチ前室付きテント「T3-159」

収納長さ1m、もうここまで大きければ逆に良し!(笑)


やはり私にはドッペルテントが有っているのかも・・・

     (⇒ハバハバ、テント本体のインプレはこちら


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!




ドッペルギャンガー製品

   

さらに新作が続々と続きます(笑)

関連記事