「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

電気自動車 ニッサンリーフ2日モニター

私のお世話になっている車のディーラーからお届け物

2011 12 日産リーフ モニター


ニッサンリーフ」のモニター募集のおしらせ


今話題の電気自動車
2011 12 ニッサンリーフ 車体 1

応募して抽選に当たれば、2日間貸してくれるみたいです



リーフ」とはメーカーによれば、

『電気モーターを動力源として、
走行中はCO2を一切排出しない純粋なEV(電気自動車)』


スペック↓

・全長4445mm×全幅1770mm×全高1545mm
  ティーダよりも195mm長く、75mm幅広く、10mm背が高いサイズ

・車両重量は1520kg

・最高出力 80kW(109ps)/2730-9800rpm

  最大トルク 280N・m(28.6kgf・m)/0-2730rpm

ティーダ15Mの最高出力が80kW、
フーガ250GTの最大トルクが258N・mですので
 “ティーダ1.5L並みのパワーとフーガ2.5L以上のトルク”の持ち主となります


・JC08モード 一充電走行距離は200km

・自動車税の排気量は1000cc未満クラスに分類



これに応募してみました

すると抽選に当たり、モニターOKとのお返事あり


モニターは来年の初旬くらいになりそうです

果たしてフーガ2.5リットル並のトルク、どこまで感じれるか(笑)


とりあえず、筑波山でも登って、
道の駅「もてぎ」行って帰ってくるのがよさそうなルート

また「もてぎ」です(笑)


でもここなら登り、ワインディング、そして高速区間有り

なにより往復で150キロ弱

リーフの航続距離は200キロ

電池が切れたら大変なことになります・・・

いちおう各ディーラーに充電器はあるらしいですけど、寄るのはちょっと面倒


電気自動車、果たしてどんな乗り心地か?

モニターが楽しみですね~♪



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

完全電気自動車リーフ 2Dayモニター1日目

ニッサンの完全電気自動車リーフ
2011 12 ニッサンリーフ 車体 1 


昨年に2Dayモニターを予約したのですが、

先日、一泊2日でお借りしました!



その日ニッサンのディーラーさんに行くと、

店の前に「リーフ」用意されてます↓
2011 1 リーフ 試乗 ディラーにて 8 

第一印象は、車体が結構大きいという事

画像ではマーチくらいの大きさかと思いきや、結構でかいんですよ~

それに室内も広々でした


ニッサンリーフの広さは、カタログによると、

●全長4445mm×全幅1770mm×全高1545mm
 ( ティーダよりも195mm長く、75mm幅広く、10mm背が高いサイズ)

●車両重量は1520kg

電気自動車のためか、重量は結構ありますね



さて早速搭乗してみます

まず面白いのがメインパネル

2012 1 リーフ メインパネル 26 
運転席からはこんな感じ

ここに各種情報が投影されます

以下がパネルの一覧
ツインデジタルメーター

①マスターウォーニング
  各種警告等および表示灯と同時に点灯します
②エコインジケータ
  エコドライブの成果を確認できます。エコドライブのレベルはアクセルやブレーキ
  の操作、エアコンの使用状況などで変化します
③スピードメーター
④時計
⑤外気温計
⑥方向指示器/j非常時点滅表示
⑦リチウムバッテリー温度計
⑧パワーメーター
  走行中のモーター出力または、リチウムイオンバッテリーに回収されている電力
  の量を示します
⑨走行可能表示灯
  走行できる状態になると点灯します
⑩マルチファンクションディスプレイ
⑪出力制限表示灯
  リチウムイオンバッテリーの残量低下や温度上昇/低下により、モーターの出力が
  低下すると点灯します
⑫航続可能距離数
⑬リチウムイオンバッテリー残量計
⑭リチウムイオンバッテリー容量計

なんか色々あって、把握するのに結構時間がかかります

でも分からなくても、上部のスピードメーターさえ見てれば大丈夫ですが(笑)




まずスイッチオンでエンジン(っていうかモーター)始動

でもそこは電気自動車音は全くしません・・・


サイドブレーキのロックを外し、

2012 1 リーフ シフター 3 
シフターを「D(ドライブ)」モードへ

ここまで全て電気的に制御されてます

遠くでブレーキのロックがウィーンと外れるのが聞こえますが、
それ以外はやはり無音・・・

本当に動くのか不安になります(笑)


そしてフットブレーキを静かに放すと、それこそ音も無く発進・・・

イメージとしてはハイブリット車がバックしている時の静かさ

あれで走り出して、それが続きます・・・


聞こえるのは風切り音と、タイヤが地面をこする音のみ

なんか変な車(笑)



でもアクセルを踏むとこのエンジン(っていうかモーター)

2012 1 リーフ エンジン(モーター8
良く回りますね~
 
その車体の重さ、1.5トンを感じることなく加速します


そのトルクと馬力のカタログ値↓ 

●最高出力 80kW(109ps)/2730-9800rpm

●最大トルク 280N・m(28.6kgf・m)/0-2730rpm


ティーダ15Mの最高出力が80kW、フーガ250GTの最大トルクが258N・m

なので “ティーダ1.5L並みのパワーとフーガ2.5L以上のトルク”らしいです


そして加速曲線↓

2012 1  リーフ 加速曲線8

このグラフの通り、一気にトルクのピークが来てそれがそのまま持続

ガソリン車のようなグイグイ引っ張られるような感じとは違い、なんか不思議な加速感・・・


しかもその加速している最中も静かなんです(笑)

もちろん風切り音はしますが、エンジンの音、振動が無いのは不思議な感覚です

最初は違和感ありますが、慣れると癖になるかも♪



ちょっと用事があったので、

知り合いのガソリンスタンドへ「リーフ」で乗り付け↓
2012 1 リーフ スタンドにて 
GS(ガソリンスタンド)にEV(電気自動車)、ありえない光景(笑)


リーフが入ってくるのを見ていた店長、

目ざとく見つけ、敵情視察(笑)


まずは車体外装のチェック
2012 1 リーフ ガソリンスタンド 12
グルグルと威嚇するように周囲を回ります

そして!

おもむろに充電口を開けました(笑)
2012 1 リーフ スタンドにて 電池 5 
やはりプロ、この辺は大変気になるのでしょうね~


リーフ試乗モニター1日目はこんな感じで30キロほど走行

まだ運転パネルの見方にちょっと戸惑いますが、それは慣れの問題でしょう

運転の感覚は、エンジン音が無い事を除けばホントに普通の車


このモニター記事、まだまだ長くなりそうです

「リーフ」ネタ、次回も続きますよ~
 
                      (⇒モニター2日目の記事はこちら


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

 にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ

関連記事