「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

カーボンロード、これは有ったほうが良い 【自転車】

昨年の暮れに購入した自転車

201501 ビアンキ CV パーツ交換 完成  

ビアンキのカーボンロードバイク

「CV(カウンターヴェイル)」という素材で、長距離に適した自転車

楽しく乗ってます


そしてまたまた楽しいのがパーツの交換

サドルや色々な小物↓

201501 ビアンキ CV サドル サンマルコ ポンザ 装着  

着せかえして楽しんでます♪

   (⇒色々パーツを交換した記事はこちら




でもそのパーツ交換時、気になるのがネジのトルク管理

鉄製のクロモリロード↓

201408 那須旅行 自転車 チームジャージ    

これならある程度感覚で締めれます

締めすぎても、壊れる事は滅多にありません


しかしカーボンはネジを締めすぎると、破損の可能性あり

かといって締めないと、ユルユルで乗っていて怖い・・・

なのでトルクレンチの購入を検討


でも実はトルクレンチ、一本有ります

201501 トルクレンチ 大  

6年ほど前、バイクのオイル交換用に購入

これ数値が合わせにくい、グリグリと回すネジ式のレンチ

さらにトルクが21N~105Nなので、かなり大きいシロモノ


ロードバイクは6Nとか、トルクが小さいネジが沢山ある

なので上のレンチでは無理・・・


なのでこれをポチっとな↓

201501 トルクレンチ SK11  

SK11のデジタルトルクレンチ、5N~60Nまで使用可能

これならロードバイクのネジにほぼ対応してくれるはず

到着するのが楽しみ♪




自転車用の小さいトルクを測れるもの探したら、

   

色々有りますね~


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 


関連記事

デジタルでピピッ、これでメンテはバッチリか? 【自転車】

最近カーボンの自転車を購入

そのメンテナンスに合ったらよいモノがこれ↓

201502 トルクレンチ SK11 箱   

トルクレンチ、私はデジタルモノを選択

購入したのは「SK11」のSTD3-060というモデル

届きましたので早速インプレ開始!




しっかりしたードケース入り

201502 トルクレンチ SK11 ケース   

さすがに精密機械

選択できるトルクは3~60Nと自転車向けに低め


その蓋をあけて中身を拝見

201502 トルクレンチ SK11 ケース 開封  

おっ、中々の質感ですね~

予備の電池、そしてその電池を入れるためのドライバーも入ってます


まずは電池を入れます

デジタルレンチの裏側をパカッと開けて↓

201502 トルクレンチ SK11 電池  

単4電池2本を挿入

この後簡単な初期設定だけで使用可能になります




スイッチを入れます

まずデジタル画面はこんな感じ↓

201502 トルクレンチ SK11 ケース 画面  

中央に数字が表示され、ここにてトルクを設定します

C(クリアー)押して、上下ボタンで設定するだけなので簡単


力を掛けると、そのトルクが表示されます

201502 トルクレンチ SK11 ケース 画面 数字  

なので常にどの位の力を掛けているのか分かる

視覚的に見えるのでとても安心感があります


さらにこのレンチの良い所

それは上部にLEDのインジケーターが付いている


規定値の70%までトルクがかかると

201502 トルクレンチ SK11 LED  

緑のインジケーターが点灯

100%近くになると赤のインジケーターも点灯

これは凄く分かりやすい


さらにこのLEDに連動してブザー音もなります

緑で「ピー・ピー」 、そして赤になると「ピィー!」という警告音

これは間違えようがない(笑)




他にもピークホールドなんてモードもあり

これは掛けたトルクの上限がメモリーされます


さらに左右どちらでも使用可能

201502 トルクレンチ SK11 左右  

逆ネジにも対応してます

ペダルの締め付けなんかは、これがあると助かります


ちなみにトルクが設定できるのは3~60Nですが

201502 トルクレンチ SK11 ケース 画面 小さい数字  

こんな小さい数字でも表示してくれます

なので気を付ければ3N以下でも締め付け出来るかも


自転車だけでなく、バイクでもかなり使いやすいはず

もっと前に買えばよかった・・・




ところでこのトルクレンチを使って思った事

201502 トルクレンチ SK11 ケース イメージ 

今まで私はかなり小さい力で締めていたという事実が判明

多分カーボンの破損が怖くて締めれないかった・・・


なのでこのトルクレンチ使って締めると、

「えっ、こんなに強くしめていいんだ・・・?」

と、以外な発見


いや、カーボンロードにトルクレンチは必須ですね

そしてこのお値段でデジタルなら↓

201501 トルクレンチ SK11  

買っても後悔は有りません

お勧めですよ~♪


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 




デジタルなトルクレンチも色々

   

コスパを考えるとSK11がお手頃かも

関連記事