「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

年末は赤いストーブを掃除しよう! ニッセンストーブ

もうすぐ今年も終わりですね~

でも私の仕事はまだまだ続きます・・・


そんな忙しい年末ですが、先日少し時間有り

なので大掃除を兼ねて、

201412 ニッセン ss-6 オークション3 WEB 

オークションで手に入れたニッセンのストーブ「ss-6」

これのメンテしましたよ~

  (⇒2台分の熱量のストーブ、ss-6の記事はこちら




まずパーツに分解していきます

201412 ニッセン SS-6  分解1  

昔のストーブって構造が簡単

二重タンクとか難しい機構がないので楽々と分解可能


そして秀逸なのは、ドライバーとか全く道具無しで作業出来る

201412 ニッセン SS-6  分解  

この素晴らしいメンテ性に拍手♪




さて分解したらパーツごとのチェック

まず本体まわり

201412 ニッセン SS-6 状態 本体周囲  

若干の錆があるけど、気にならない程度

いや30年以上前と考えれば全然OK


天板↓

201412 ニッセン SS-6  天板  

少し擦り傷、そして汚れあり

でもかなり綺麗で満足できる状態


ホヤ

201412 ニッセン SS-6 状態 ホヤ  

外回りは綺麗ですが、内部は煤で汚れてます

でもホーロー製なので、布で拭けばきっとピカピカに


燃焼室回り

201412 ニッセン SS-6 状態 燃焼室  

若干の錆がありますが許容範囲

金ブラシでごしごしやれば綺麗になるはず




201412 ニッセン ss-6 芯   

まだまだ余裕で使えます

でも綿芯なので空焚き不可、これはガラス芯に変更検討中


タンク内の状態

201412 ニッセン SS-6 状態 タンク内  

サビは全見れらずく、穴も開いてない

良い状態ですね~


そしてタンクの下

201412 ニッセン SS-6 状態 耐震装置  

これが耐震装置になるみたい

しっかり作動します


床板

201412 ニッセン SS-6 状態 床板  

さすがにこれはサビが有るけど、使用するには全然OK

と以上が目視チェック

総合的に見ればかなり良い状態です




さて、じゃ綺麗にしましょうか

今回はこれを用意

201412 ニッセン SS-6  磨き インパクト  

インパクトドリル&磨き布

これで磨いていきます


そして1時間ほどゴシゴシすると↓

201412 ニッセン SS-6  磨き完了 折れ   

かなり綺麗になりました♪

やはり回転物は仕事が早い!


そして火入れ

201412 ニッセン ss-6 ホヤ 光  

ああっ、このホヤから漏れる光が堪らない・・・(笑)




さて綺麗したss-6、せっかくなので↓

201412 ニッセン ss-6 トヨペット アルパカ 

アルパカトヨペットと3台揃い踏みで点火~!

さすがに3台同時に付けると熱い・・・


さてこのストーブたち、

201411 野田キャンプ ファイアーテーブル  
  
キャンプデビューはいつになるか? 

来年早々いきたいですね~♪

    (⇒このストーブの芯を交換した記事はこちら


-ブログ村のランキングに参加してます-
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
↑ポチッと押して貰えると嬉しいです♪

関連記事