「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

タンクバック 防水性と使い勝手

2008年式のR1200GS-Adv

このバイクのタンクバックを選択肢するにあたって、

  1.タンクが樹脂製なので、マグネットはダメ
  2.給油工にネジが無いのでバインドシステムも使えず。
  3.さらにタンクの形状が特殊なので、なかなかぴったりと合う形のものがない。

という様に、かなり選択肢がありません。


さらに防水も欲しいな~と思うと、ほとんど選択肢無しです。


そうなると純正のタンクバックか、これ
モンベル ドライタンクバック
モンベル製。ドライタンクバック
 
完全防水という点というのみにおいてこれは最強

                        (⇒
記事「モンベルタンクバック」はこちら

それに噂では完全防水では無いらしいですし。

ただこのタンクバック、防水なのは◎なのですが
地図の入れ替えが非常にしにくい!


さらに寒い時期に頻繁に出し入れしていると、カバーの隅が破れてきます。

結果として防水機能は無し・・・

関連記事

タンクバック周りの備品 電源他

先日交換たタンクバック(⇒交換したタンクバックの記事はこちら


結構いい感じで使えそうです。
デグナー タンクバック 取り付け1

タンクバックの交換に伴い、次にしたいのはフロントの電源類の整理。

私の場合、フロントで周囲で使っている電源、コード類は以下の通り。

  1.ナビ                
  2.レーダー
  3.フォグスイッチ
  4.エアクールブルゾン用
  5.クランの電熱パンツ用

と色々あります。


ちなみに電源はトップケース内にも確保してます。 
         (⇒トップケースの電源の記事はこちら


そのうち1~3までの電源はアクセサリーから流用。


タンクバック周りの3,4、さらにレーダーにはバッテリーから直でコードを取ります。


関連記事