「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

バイクに石油ストーブ積んでみた その2

先日購入した石油ストーブ
2011 10 アルパカ TS-77 
アルパカをバイクに積んでみる第2弾


前回は専用ケースにいれて、
2011 11 アルパカ 固定  
ゴムバンドで固定

でもユラユラしていて、なんか安定しません・・・

それに雨でもふったらストーブがずぶ濡れになりそう
 

なので今回は、これの防水を考えつつ
さらにスマートにパッキングするかがテーマです

そもそもバイクに石油ストーブ、これがスマートかが疑問ですが、
それは言わないお約束(笑)

ちなみにこのケースの寸法は、
高さ47cm、直径が35cmほど(実寸)、重さは6キロと少し



まずは防水を考えます

そこでたまたま家にあったコレ↓
2011 11 アルパカ 工具ケース 
工具をいれる作業ボックス

これ、アルパカの収納ケースがピッタリ納まるサイズ

このケースに入れて、ケースごとリヤのキャリアに固定したらどうか?


とりあえず置いてみました。
2011 10 ストーブ 箱
ダサダサ(笑)

なんか後ろにゴミバケツ載せながら走っているみたいですね~

ボルトで固定すればかなりしっかりしますが、迷わず却下!



ではどうするか?

そこでまたまた閃きました!


以前から持っていたコレ↓
2011 7 モンベル ドライバック2 
モンベルドライコンテナ、容量は80リットル。

これ筒状になっているので、入りそうな気がします


そこで入れてみました~↓
2011 11 アルパカ モンベルドライバック 2011 11 アルパカ ドライバック収納 
う~ん、ピッタリ!

これならモンベルの名前にダマされて、アウトドアっぽいですね(笑)


実際にリヤに装着↓
2011 11 アルパカ ドライバック入り 
おっ、これならなんとか見られるか?

モンベルのマークを後ろに向けておけば、それっぽいし(笑)


ただ高さがあるので、やはりゴムバンドで固定ではグラグラしますね~

なんとかしっかり固定しないと安心して走行できません・・・


次回は、その編を煮詰めていきます!

         (⇒バイクへの固定方、考えてみた記事はこちら
 

↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
 にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
Ctrlキー押しながらだと楽みたいですよ~

関連記事

週末のキャンプ場、変更のお知らせ

週末は久々にキャンプツーリング

場所は富士山の近く「野田山キャンプ場」へ行く予定だったのですが、

その野田山キャンプ場、今年になり焚き火がもとで火事が2件もあり

なので炊事連以外での焚き火規制がしかれてるらしいです・・・



今回の楽しみはその焚き火

それができないとは非常に残念・・・

なので主催の「蒼海さん」から場所変更の指示ありました

場所はここ↓


より大きな地図で 渚園キャンプ場 を表示

浜中湖近くの「渚園キャンプ場」

私の住む茨城からだと、一気に100キロ以上離れますね~

さすが蒼海さん、容赦なし(笑)

一応私のブログの方でも変更のご連絡しておきます
 
       (⇒蒼海さんの「緊急連絡」記事はこちら



さて今回は新たなシュラフも導入したのですが

201302 米軍シュラフ_ 
モジュラーシステム-34.4℃ シェラフ 

浜名湖ならこれ要らないかな~?

でもパッキングしちゃったし・・・


なので本当はシュラフ3枚セットですが、今回は2枚だけにします

でもこれでも-20℃以上はカバーできるはず(笑)


あとは天気ですが、日曜日が怪しそう・・・

なので早めの撤収が吉ですね

では現地で会われる方々、宜しくお願いします



ブログ村のランキングに参加してます
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!

関連記事