「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

次のストーブ バイクで携行できる適正な大きさとは?

前回の、あだたら高原のキャンプ

普通のストーブをバイクで持参してみました
2011 11 アルパカ アドベンチャーと 9 
      (⇒このキャンプの記事はこちら

十分な暖かさを得たものの、明らかにオーバースペックを痛感(笑)

なのでバイクで持っていける、適切なストーブを検討します



私の持っているコンパクトな暖房器具↓
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント 1_  
コールマンの遠赤外線フィルター 

これストーブの上に載せるだけなので楽チン♪


私はこれをSOTOのストーブに載せてます
遠赤ヒーター 火入れ1
ちょっと加工すれば、ぴったり合います
             (⇒この記事はこちら

一人用のテンなら、これで十分温まります


しかし燃焼時間に不満有り

カセットガス1本で2時間ほどしか持ちません

できれば寝ている間、朝まで燃焼しているものが欲しい・・・

なのでもう少し長時間持つものを調べました



これはカセットガス1缶で2時間半↓
2011 12 ジュニアヒーター イワタニ CB-JRH-20_ 
イワタニの「CB-JRH-2」という商品

スペック↓

●幅190×奥行180×高さ240mm
●最大発熱量1.4kw(1,200kcal/h)
●燃焼時間 普通のカセットガスで2時間30分程

大きさは割りと小さめですが、やはり燃焼時間が短いですね・・・



次はもイワタニ↓
2011 12 イワタニ カセットヒーター CB-8 0_
「CB- 8」という商品


スペック↓

製品名:イワタニ ホースノン・カセット暖
外形寸法:高さ315mm×幅223mm×奥行き212mm
暖房出力:800kcal/h
ガス消費量:66g/h 約3時間20分燃焼可能


これはちょっと大きめ

それでもアルパカのストーブに比べれば全然小さいです(笑)

燃焼時間も3時間半ほど持つそうですが、もう少し長いモノが欲しい・・・

それに欠品が多く、オークションで時々出る程度になってます


これに似た商品も出回ってますが、大きさ燃焼時間はほぼ一緒



で探していたらこんな物が↓
2011 12 UNIFLAME(ユニフレーム) ハンディガスヒーターワーム2_

ユニフレームの「ワームⅡ」

スペックはコレ↓

●【使用時サイズ】260×180×255mm
●【重量】約2kg(カセットボンベを除く)
●【使用ガス】LPG(液化ブタン)NET250g×2本
●【ガス消費量】40~50g/h(圧力調整による)
●【点火方式】圧電点火方式

「燃焼熱をカセットガスに伝えるとともに、燃焼に必要な空気を内部で取り入れる
サーマルコントロールシステムと Wカセット式で氷点下のなかでも10時間の長
時間暖房を可能にした屋外用ヒーターのベストセラーモデル」

●【暖房出力】500~600Kcal/h(圧力調整による)
●【燃焼時間】約10時間(2本)
●【使用条件】外気温-5度以上・20度以下の屋外


これはカセットガスを2缶使用、10時間燃焼します!

少々大きそうですが、これならトップケースにも入りそうです


10時間燃焼ならば、夜の10時につけっぱなしで次の日の8時まで持つ計算


私のテントはフロアレス↓
2011 5 テント ドッペルギャンガー フロアレス3

換気の心配は全く無し (⇒テントの床を切った記事はこちら
 
  
なのでこれつけっぱなしにすれば、冬でも快適かも・・・

シュラフも薄めのものでいけそうです


次のストーブの候補はこれですね~



バイクにつんだアルパカのストーブ↓
2011 11 アルパカ ドライバック入り  
この積載の苦労はなんだったのか・・・


これは素直にリビング用、そしてファミリーキャンプ用にします(笑)

       (⇒普通のストーブ「アルパカ」をバイクに積載した記事はこちら




↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!

 にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

関連記事

氷点下6℃で試したモノは? 

前回の道の駅「もてぎ」、氷点下ツーリング

最低気温は
iphone_20111218073914.jpg
   
-6℃以下まで下がりました

その続きのお話です   (⇒氷点下の中、ここまで来た記事はこちら



朝食を終わっても、時間は朝の8:00前

まだ西のアドベさんとの待ち合わせまでに時間があります


そこでコレをパニアから取り出します
2011 12 茂木 試運転 ワーム 7 
前回ボカシをいれたもの(笑)


今回茂木にきたのは、最低気温の更新とコレの試運転が目的

こいつを、この気温で試したかったんです↓
2011 12 もてぎ ワーム 71 
ジャジャーン!!

ユニフレームの「ワーム」・・・


先日、次の新しいストーブをどうするか検討したカセット式のストーブ

つい買ってしまいました・・・


だってヤフオクで、状態の良さそうな中古売ってたんですもん・・・

値段は定価の6割ほどで、
2011 12 ワーム 上から 4 
しかも一発落札だったので競合も無し

思わずポチリました・・・・

    (⇒ワームの細かいスペック等はこちらの記事で



ポチッた言い訳はここまで!(笑)


このワームを今回の氷点下の茂木で試します
 
実はこのワーム、スペック的には氷点下5度で使えるらしい


ならばこの茂木、この氷点下-6℃で使えるか?


ガス缶を挿入、そして点火!

・・・
 

あれ?


もう一度、点火!!

・・・

あれ??


カチカチと点火スイッチは入るものの、燃焼しません・・・
2011 12 茂木 ワーム 点火せず 96

あれ~~???


もしかして・・・

・・・

・・・
 
耳を近づけて音を聞いてみると、ガスの放出音が全くしません

寒くてガスが気化しないんですね・・・


どうしよう??

考えること数秒・・・


ならばプレヒート!

2011 12 茂木 ワーム プレヒート 3
懐でガス管を暖めます(笑)

氷点下のガス缶は、凄く冷たいです・・・


体を温めるはずのガスストーブ、逆にその缶で体を冷やしてます

まさに本末転倒・・・



でもその体温で暖めた缶を再び装着

そして点火!

無事ワームに着火しましたよ~
2011 12 茂木 ワーム 着火 2

この時気温はまだ氷点下5度近く
 
しかし一度火が入ればあとは大丈夫そう


このワーム、点いてみると前面は結構暖か♪

試しに温度計をおくと、見る見る気温が上がり、
2011 12 茂木 ワーム 前面気温 6 
10分ほどで3℃くらいになりました

-5℃から3℃ですから、外でも結構暖かい

特に手を温めていると、幸せです♪


これキャンプだけでなく、こんな寒い日のツーリングのお供にもいいかも



とそんなことしている間に

201112 茂木 西のアドベさん アドベンチャー 4 
西のアドベさん到着

今日は3点のフルパニアセット


そしてこの気温なのに、ハンドルカバー無し、電熱グッズ無し!

凄いですね~


今回のもてぎ、年末年越し用のそば粉を買出しに来たとの事

ここもてぎのそば粉、美味しいらしいですよ~


そして寒い中、お話しすること1時間・・・

すみません、また長々と話し込んでしまいました

またよろしくお願いしますね~



帰りはいつものつくば経由

そのつくばの気温は、
2011 12 茂木 帰り つくば 気温 0 
普通の3℃

寒いはずが、「もてぎ」の気温を体感した後では気持ちの良い温度


帰宅は午前11:00

距離は170キロほどと、この日もお散歩程度のツーリングでした


今回も最低気温更新

気持ちよく走れました!


でも今週末も、クリスマス寒波が来るらしいです

気温も急激に下がるみたい・・・

さすがに3週連続で道の駅「もてぎ」は、無いと思いますが

どうなるか?(笑)



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!

 にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ

関連記事

カセットガスストーブ 燃焼10時間の「ワーム」

冬キャンプにバイクで石油ストーブを持っていこう!

そう考えて購入したアルパカ↓

2011 10 アルパカ TS-77 ケース 

収納ケース付き

リビング兼用で買ったのですが、バイクではやはりでかい・・・


R1200GS-アドベンチャーでさえ、

2011 10 アルパカ バイクに 89

積載にかなり苦労します(笑)
 
それに灯油も持っていかなくてはならないので面倒

なのでもっと小型、そしてカセットガスを使える物を考えました

        (⇒携帯型のカセットガスストーブの記事はこちら



色々考えた末、ユニフレームの「ワームⅡ」に決定!

それが某オクで中古良品がでていたので即購入しました


届いたのがこれ↓

2011 12 ワーム 到着 4 

これワームⅡではなく、その前の型のワーム

ま、大して違いがなさそうなので気にしません


ますはその大きさをアルパカと比較

2011 12 ワーム アルパカ比較 6

当たり前ですが、全然コンパクト


そしてこの大きさなら、
 
R1200GS-Aのトップケースにすっぽり入ります↓

 2011 12 ワーム トップケース 1 

ワームなら二ついれても大丈夫なくらい

トップケースは何かと使いますから、この大きさは嬉しい♪



そして!

コレに決めた決定的な理由

それは・・・

2011 12 ワーム カセットガス装着 8 

カセットガスを2本仕込め、その燃焼時間は10時間

夜の8時に点けると、次の日の朝6時まで燃え続けています

なので寝ている最中もポッカポカ♪


もちろん換気は必須ですが



ちなみにこれ、氷点下5℃まで仕様可能らしいです

それを先日の氷点下ツーリングで試してきました!


しかし・・・

氷点下6℃ではガス缶が気化せず・・・

なので私の体温でプレヒート(笑)

2011 12 茂木 ワーム プレヒート 3 

これ暖めて一度点いてしまえば、後は普通に使用可能

その後は外でもポカポカ


ちなみのこの「ワーム」、サイドに点火スイッチ付き

2011 12 ワーム 点火スイッチ 61


点火するとこんな感じ↓

2011 12 ワーム アルパカと点火 2 

せっかくなのでアルパカと一緒に点火(笑)


中央のバーナーが燃えて、周囲のリフレクターで暖かくなる仕組み

前面は結構暖か、しかもガードつきなので、野外でピッタリ寄り添っても安心

首も上下に動くので、暖める部位が若干調整できます


中々良さげな品物です

コレ持って早くキャンプに行きたいですね~



ブログ村のランキングに参加してます↓
 にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!



今は「ワームⅡ」になってますね



  

色も赤と黒が有るみたい




関連記事

冬に向けて BioLiteキャンプストーブ

冬のキャンプと言えばストーブ

201210 武井バーナー  

これは武井のバーナー

かっちょいいですし、暖を取るには最適です

でもお値段高めで、扱いも多少面倒・・・


なので私が去年購入したストーブ

2011 10 アルパカ TS-77 ケース  

普通の灯油ストーブ(笑)
 
韓国製の「アルパカ」という商品  (⇒アルパカ購入の記事はこちら


ファミキャンならこんなストーブもでも十分

2011 11 アルパカ アドベンチャーと 9

ただこれをバイクで持って、キャンプするのは大変・・・

今ではすっかりリビング用のストーブに(笑)

 (⇒アルパカでキャンプツーリングの記事はこちら)


その後もう少し小さいストーブを改めて購入

2011 12 もてぎ ワーム 71   

ユニフレームから出ているガス式ストーブ「ワーム」

これワカサギ釣りテント内とかで良く使われるストーブ

小さくて、かつ燃焼時間が10時間あるので重宝してます

           (⇒この「ワーム」の記事はこちら



今年ももうすぐ11月

朝晩はかなり冷え込むようになってきました

なのでストーブ情報をネットで検索


するとこんなモノ有り↓

201210 BioLight Campstove  

BioLiteキャンプストーブ」


これもちろん焚き火もできますが、凄いの事にその熱を電気に変換できます!

USBポートが付いて、スマートフォンなどの充電可能

さらに五徳もついているので、水なども沸かせるらしいですね~


紹介動画はこちら↓



これ約20分充電で、1時間ほど通話可能らしいです


以下スペック

【素材】ストーブ:ステンレス
【総重量】947g
【カラー】カラー無し
【サイズ】ストーブ:直径127㎜×高さ210㎜(収納寸法)
【火力発電量】3.4kw(低回転)、5.5kw(高回転)
【USB出力】2W@5V(持続可能最大)、4W@5V(最大時)
【内臓電池】650Ah(3.7V)、リチウムイオン電池
【耐荷重】3.6㎏もしくは3.6Lの液体
【付属品】付属ケーブル、収納袋、ファイヤーライタ-(着火剤)


以上はモンベルオンラインからの情報


実はこれ、ブログでお世話になっている「蒼海さん」が最近購入したご様子

段ボール箱に

201210 蒼海さん BioLite 1

「Bio Lite」の文字が(笑)  

蒼海さ~ん、早急のインプレお待ちしてます!  


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

秋の夜長は、物欲が・・・

関連記事

冬キャンの暖房用に アルパカとかアラジンとかレインボーとか

今年もあとわずか

しかし私はまだ、仕事が終わる気配無し・・・


そんな夜はお酒を飲みつつ、ネットでショップを徘徊

すると私の中のポチリスル菌が激しくうごめきます


先日は危うく↓

201312 小川キャンパル 4112 ちびストーブII  
小川キャンパル 4112 ちびストーブII

ストーブをポチリそうになりましたが、何とかこらえました

今の所、薪ストが我が家に届く予定はありません(笑)



しかしショップ見ていると、冬の暖房色々ありますね~

我が家にもキャンプ用として、

201312 塩原グリーンビレッジ アルパカ 土鍋   

アルパカがありますが、

見ていると他の石油ストーブも欲しくなってきちゃいます♥


まずはこれは↓

201312 アラジン ブルーフレーム   

アラジンブルーフレーム

先日の塩原キャンプで、MACさんが持ってきました


このクラッシックなデザインも、もちろん良いのですが

201312 アラジン ブルーフレーム 炎 

この名前の通り「ブルーフレーム(青い炎)」がなんともいえません


ただお値段は結構します

それにキャンプではサイズが少々大きいか・・・



これもいいな~なんて↓

201312 トヨトミ レインボー   

トヨトミの「レインボー

以前にアルパカを購入する時に、どっちを買うか迷った物


結果的にアルパカを購入しましたが、アルパカの作りはイマイチ・・・

その点レインボーは日本製なので信頼感が有ります


それにこのレインボー、40W相当の電気と同じ位の明るさとか

201312 トヨトミ レインボー ホヤ  

なので停電時でも、そしてキャンプでもランタン無しで雰囲気が楽しめそう


そのレインボーから限定色

201312 トヨトミ レインボー ピンク 

ピンク!

ちょっと前に話題になった、クラウンみたいなピンク(笑)


これ可愛くていいですね~

しかも「限定」なんて言われたら、溜まりません・・・


それにクラウンじゃとても買えませんが

201312 クラウン ピンク  

このストーブなら何とか買えそう

・・・

・・・


まずい、またポチリスル菌が・・・

こんなの買っちゃダメだぞ、私!


しかし仕事のご褒美に・・・・

いやダメ、絶対ダメ!



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!



アマゾンで、ピンククラウン売ってた!

  

と思ったら、サンプルでした(笑)

関連記事