「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

サーモス「ジャストフィット缶クーラー」日本版発売!?

キャンプ時に愛用しているモノ

201403 サーモス ジャストフィット缶 クーラー 4 

サーモスジャストフィット缶クーラー

これ国内販売は無くて、海外からの並行輸入のみ

私はオークションで買いました


最近はアマゾンでも売ってるみたい



それでもお値段は3000円!

ええっ!こんなモノに3000円も払うの~???


私もこれを買う前はそう思ってました・・・


しかしこれその保冷効果は抜群!

BBQのグリル脇に置いても、ビールは冷たいまま


なので買ってしまえばもう手放せません・・・




そして、先日ホームセンターに行くと似たような商品が山ずみ

その時は類似品かな~とスル―


しかしちょっと気になったので、家に帰って調べてると


201403 サーモス 保冷缶ホルダーャ


サーモスから新製品として出てました! 


えっ?国内販売したの?

しかもこちらは色が4種類


201403 サーモス 保冷缶ホルダー2 色

しかもカラフルで可愛いじゃないですか!

お値段は確か1500円ほどだったような気がします


使ってみないと分かりませんが、効果はどうなんだろう??

上のグラフを見ると、保冷効果はよさげ

奥様用、そして娘様に購入してみようか検討中・・・

  (⇒この2つの缶クーラーの保冷力を調べた記事はこちら



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!



アマゾンにはまだ新製品はないみたい

 

しかしこのお値段は高い・・・

関連記事

サーモスの新製品「保冷缶」 「ジャストフィット缶」と温度対決!

サーモスの「ジャストフィット缶クーラー

201403 サーモス ジャストフィット缶 クーラー2 4 
   THERMOS ジャストフィット缶クーラー 

これにビール缶等を入れておくと、冷たいまま飲めます

噂では3時間も保冷できるとの話


日本ではオークション、されにアマゾン等で販売

でも3000円くらいするので、気軽に買えない商品です・・・




でもこのサーモスから同じような新商品がでました

保冷缶ホルダー」↓

201403 サーモス 保冷缶ホルダー2 色
              THERMOS 保冷缶ホルダー 

しかも国内、ホムセンなどでも普通に買えます

 
さらにお値段も2000円切ってますし、しかも色も選べる

なので私もホムセンで↓

201404 サーモス 各色2 

大人買い(笑)


さてこの日本版、

お値段安くてカラフルですが、その性能やいかに?

201403 サーモス ジャストフィット缶 保冷缶 4

ジャストフィット缶クーラー」と温度対決してみます

しかしその対決は長いので、興味のある方は追記でどうぞ↓


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!


関連記事

保冷マグ対決再び! 今回はサーモス対キャプテンスタッグ

先日はサーモスの保冷缶について実験

以前からあるジャストフィット缶、そして最近出た保冷缶ホルダー

201403 サーモス ジャストフィット缶 保冷缶 4  

どちらの性能が良いのか検証してみました

その結果、どちらも同性能と判明


ならばお値段半分の保冷缶クーラー↓

201403 サーモス 保冷缶ホルダー ホムセン  

こちらがお勧めという結果になりなりました

   (⇒この温度対決の記事はこちら




しかし前回の実験時、気温20℃前後とユルイ気温

もっと暑い夏ならば違いが出るのではないか?


なので今回は6月、気温30℃のなかにて再び対決


さらには新たな挑戦者あり!

ブログ「風雲蒼海」でおなじみの、蒼海さんから↓

201405 キャプテンスタッグ 保冷マグ 

このキャンプテインスタッグのマグ保冷ジョッキも加えて欲しいのと事
 
面倒くせ~了解しました!   (⇒蒼海さんのブログはこちら


今回もこんな感じで実験↓

201406 保冷缶 温度対決 様子  

それぞれにビール缶を設置、中にはキンキンに冷やした冷水を入れます

そして経過時間ごとに、調理用の温度計にて測定




この実験、かなり長かった・・・

なのでもう結果からいきましょう!(笑)


実験結果のグラフ↓

201406 保冷缶 温度対決 グラフ

さすがサーモス、その保冷力は抜群でした

そしてジャストフィット缶と保冷缶の性能はやはり同じ・・・

買うならお安くてカラフルな保冷缶ホルダーがお勧めです


しかしキャプスタマグも中々健闘

201406 保冷缶 温度対決 キャプテンスタッグ マグ  

1時間までは10℃をキープしてます

これなら充分に冷えたビールが飲めますね~


その後1時間そして2時間経つと、サーモスが断然有利

しかしビールを2時間もかけて飲む人はいないので、ある意味オーバースペック(笑)


詳しい結果は【追記】にありますので、興味のある方はどうぞ

  (⇒さらにニュージーランド製のウレタンモノと温度比較した記事はこちら



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします!

関連記事

ウレタン製の保冷缶クーラーは使えるのか? サーモスと比較

え~と、また温度対決しました

保冷缶対決、これで3回目になります


今度はサーモス

201403 サーモス ジャストフィット缶 保冷缶 4


キャプテンスタッグの保冷マグ、
 
201407 キャプテンスタッグ ウレタンホルダー   

そしてニュージーランドより、ウレタン(ネオプレーン?)製の保冷ホルダー

もうわけがわかりません・・・




でも頼まれたからには実験します!


サーモス保冷缶ホルダーとジャストフィット缶は同じ性能

これは以前の実験で明らかになってます


なので今回、サーモスは一缶のみ↓

201407 温度対決 ニュージーランド参戦! 

左から、なにもしない缶、ウレタンホルダー、キャプスタマグ、そしてサーモス


この日の気温は午後1:00で室内32度を超す暑い日

中に入れたのは冷蔵庫で冷やした、6℃くらいの冷水


では実験スタート!




そして速攻結果発表(笑)↓

201407 温度対決 ニュージーランド参戦 温度対決 

もう今回はめんどいので、グラフのみで表示


もう何も言う事はありません

みなさん、買うならサーモスです(笑)


でも!

よ~く見てください↓

201407 温度対決 ニュージーランド参戦 温度対決2 

15分までなら意外とその温度に差が無い・・・

350mlの缶ビール、普通なら15分もあれば飲んでしまいます


ならば!


「どれを使ってもいいんじゃね?」

という結論も導けます・・・




さらにそのお値段を考えてみます

このウレタン製のモノ↓

201407 ワイン ウレタン 保冷缶ホルダー 

お土産品で600円くらいとのこと

日本でも似たようなものが500円くらいで買えます


とすると、15分限定のコスパなら圧倒的にこれがお得!

しかも軽いし折りたためるので、携行性にも優れている・・・


おお、意外な結果が出た(笑) 


以上、追記に細かい記事を書く気力もないのでこれで終わり

温度対決、面倒なのでしばらくやりません・・・


-ブログ村のランキングに参加してます-
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
↑ポチッと押して貰えると嬉しいです♪

      (⇒サーモスの新旧保冷缶ホルダーの温度対決の記事はこちら
      (⇒サーモス対キャプテンスタッグの温度対決の記事はこちら




保冷缶色々

   

お好みでどれでもいいみたい(笑)

関連記事