「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

酔っぱらって落札したみたい・・・  【キャンプ ストーブ】

節分も終わり、暦の上では春

なのにこんなモノ買ってしまいました↓

201502 シャープ ペチカ 

また石油ストーブ(笑)

シャープ製、名前は「ペチカ

多分1970年頃のもの


酔っぱらって思わず入札したみたい

次の日の朝、「あなたが落札しました」のメールて愕然・・・




でもなんか可愛くて素敵なストーブ

ただ芯に若干問題有るのと事

到着が楽しみです♪


ちなみに「ペチカ」とはレンガで作られた暖炉の事みたい

これはその歌↓



子供の頃、歌った覚えががありますね~

いや懐かしい!

作詞は北原白秋、作曲は山田耕筰と巨匠二人の作品


しかしこれで石油ストーブ

201412 ニッセン ss-6 トヨペット アルパカ  

合わせて4つ・・・

まだまだ寒い冬、暖かく過ごせそうですね~(笑)



↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 


関連記事

新しいストーブは43年前の「ペチカ」 【キャンプ ストーブ】

先日、酔った勢いで落札した↓

201502 シャープ ペチカ 

1970年頃の石油スト―ブ「ペチカ

我が家にやってきましたよ~




まずは梱包を取っていきます

するとストーブの上部がお目見え

201502 石油ストーブ ペチカ 段ボール  

おっ、なんか焼け跡も無くて中々綺麗かも♪


ドキドキしながら箱から出します

オークションの中古モノ、この瞬間が楽しかったりします♪


そして開封

201502 石油ストーブ ペチカ 全体 

多少の汚れも有りますが、中々のモノ

40年以上前のストーブでこの状態なら良い方でしょう♪


ただ想像していたよい大きい ・・・


以前購入した、トヨクニの「レオペット」と比較↓

20150214 石油ストーブ ペチカ レオペット 比較2   

大きいというより、かなり横幅がある

でもなんか可愛いからいいか♪




メーカーは「シャープ

201502 石油ストーブ ペチカ シャープ  

製品名は「PECHIKA HSR-10D」、作られたのは1971年

という事は製造からもう43年経ってるストーブ


程度は思った以上に良いかも♪

201502 石油ストーブ ペチカ 反射板 

回りも目立った傷は無し

反射板なんかも綺麗ですね~


芯もかなり残ってる様子

201502 石油ストーブ ペチカ 芯  

これガラス芯との事なので、一回空焚きしましょう




あと、なんかヘンなものが付いてる↓

201502 石油ストーブ ペチカ 消火装置  

なんだ、これ?

空気を送る「フイゴ」みたな形

??


横に説明ありました↓

201502 石油ストーブ ペチカ 消火装置  使用法  

緊急時の消火装置みたいですね


この中に水を入れて、緊急時にギュッと握る

すると芯の真ん中のこの部分から↓

201502 石油ストーブ ペチカ 消火装置  水出口  

水がピュッと出て消火するみたい(笑)

また耐震装置などなかった頃のストーブの消火機構

面白いですね~




そしてお試しに火入れ

201502 石油ストーブ ペチカ 火入れ  

オークション説明にもあいましたが、火が偏ってます

これは一度分解清掃をやったほうがいいかな~


しかしなんか面白可愛い「ペチカ」

201502 石油ストーブ ペチカ 全体 ss-6と  

四台めの石油ストーブ(笑)

これでしばらく遊べそうです♪

   (⇒この「ペチカ」、メンテの記事はこちら




↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 

関連記事

43年前の石油ストーブ メンテその1 【キャンプ ストーブ】

先日オークションにて落札した「ペチカ

201502 石油ストーブ ペチカ 全体  

1971年製造、43年前のストーブ

ですが見た目は中々綺麗な状態


でも火を入れると、その炎が偏ってます↓

201502 石油ストーブ ペチカ 火入れ  

一度分解清掃してみましょう!

  (⇒昭和の香り「ペチカ」ご紹介の記事はこちら




まずは前のガードを外します

201502 シャープ ペチカ メンテ 保護カバー  


このガード、鉄製?の天板が付いている↓

201502 シャープ ペチカ メンテ 天板  

この部分にポットなどを置くんでしょうね

う~ん、昭和の香りが漂いますね~


次は中の反射板、ネジ5か所を外します

その反射板はピカピカなんですが、

201502 シャープ ペチカ メンテ 反射板 焼け跡 

上部に焼けたような跡がある

これきっとストーブの炎を出し過ぎたのが原因

でも全然許容範囲


そして前のカバーをあけると

201502 シャープ ペチカ メンテ カバー  

燃焼部分が露出、ここに給油口を発見

40年以上前のモノにしては、中々に綺麗な方


とりあえず5分ほどで

201502 シャープ ペチカ メンテ 分解  

ここまで分解




さて各部を点検清掃


まずは肝心要の芯、

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 

しっかり残ってますね~

これは既に空焚きを一度終了した状態

なんとなく穂先が揃ってないので、切り直して使います


そしてタンク部分の下をみると

 201502 シャープ ペチカ メンテ タンク 裏側  

綿ボコリが詰まってるのでエアーでサッと一吹き

ここに例の「消火装置」の姿もみえます(笑)


その下の受け皿も綿ボコリが凄いので洗って洗浄

201502 シャープ ペチカ メンテ 受け皿 

ここに合格証がありますね~

たしかに71年の記載有り


さてここからがメンテナンスの本番↓

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 詳細  

芯を摘出して様子を見ます

でもそれは次回で

  (⇒この続きはこちら




↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 


関連記事

43年前の石油ストーブ メンテその2 【キャンプ ストーブ】

さて1971年製の灯油トーブ

201502 石油ストーブ ペチカ 全体  

シャープの「PECHIKA HSR-10D」
 
分解清掃その2になります

    (⇒このストーブの分解清掃その1の記事はこちら





今回は芯の摘出から

芯を保護するカバーを取って、露出

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 詳細  

パッと見は綺麗に見えます


でも抜いてみると

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 ヒビ  

所々ひび割れがあるので、どうだろう?


ちなみにこの芯はガラス芯

ちゃんと↓

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 空焚き  

「カラ焼きできます」の記載もあります

なので切り直して使ってみることにしましょう


そしてタンクの中を見ると

201502 シャープ ペチカ メンテ タンク サビ  

錆び無しで、綺麗

良し良し♪




もう一度芯を付け直して、火をつけてみます

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 仮燃焼  

一応グルッと火が回るので大丈夫かな?

芯を下げて消火するのも確認


そして再び組み直します


と、その前に上部の燃焼筒もちゃんとします

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 燃焼筒  

昔のストーブって、こんなコイルが付いてるんですね~


これが曲がりまくり

201502 石油ストーブ ペチカ  燃焼筒 コイル  

これもちゃんとしたほうが、火袋にしっかり炎がまわるはず


そんな事をして組み直し

201502 石油ストーブ ペチカ  掃除後  

ピカピカになりました!

分解掃除すると気分が良い♪




そして再び着火

201502 石油ストーブ ペチカ 火入れ 掃除後  

おおっ、火が全体に広がる

火の回り、ずいぶん改善されましたね~


これが清掃前の点火状態↓

201502 石油ストーブ ペチカ 火入れ  

右側の方しか赤くなってない

これから比べるとかなり良くなりました


それでも完全には火が回らない・・・

これは根本的に芯を交換しないとだめかな~?


しかしこのペチカの替え芯なんか無さそう・・・


とりあえずサイズを測って

201502 石油ストーブ ペチカ 芯 サイズ  

似たようなものをさがしますか・・・




ところで清掃中こんなモノを発見

201502 シャープ ペチカ メンテ マッチ  

どこぞのビアガーデンのマッチ、昭和の香りがたっぷりします

名前からすると東京、九段下あたりのモノ?(笑)


いや~、それにしても昔の灯油ストーブ

201502 石油ストーブ ペチカ  掃除後 火入れ2  

メンテが色々あって大変

でもそれが楽しい♪


次はどんなストーブにしようかな~

いやもう要らないだろ・・・


と思ったら、またついポチッと(笑)



↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 


関連記事