「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

キャットアイHL-EL520を、ジェントスの160lmと比較

最近自転車用のライト買い足しました

それの中には変わった物もあります(笑)

こんなやつもあります

USCHMULLER(ブッシュミューラー) TOPFIRE3  
 BUSCH&MULLER TOPFIRE ヘルメットライト
 

今回はそれらのうち、フロントライトのインプレします



購入したフロントライト


201211 キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520L 
 キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520

まずはスペック

 ●サイズ 101×44×46㎜
 ●重さ 91g(電池別)
 ●明るさは1800カンデラ
 ●点灯時間60時間、点滅120時間
 ●単三電池4本使用
 ●自転車に取り付けるアダプター付き
 
この連続点灯60時間に惹かれて、この商品を買いました


こんな感じで光ります

201211 キャットアイ HL-EL520 点灯  

中央に強いスポット光

その周りに、結構あかるい光が当たります

夜ならかなり明るい感じ


でも実際の感じが分からないので、私が持っているものと比較

比較したのは

2011 11 ジェントス ドーミネータ DC-105F
  GENTOS(ジェントス) ドミネーター105DC-105F

こちらは単三乾電池2本で7時間稼働します

この160ルーメンの光と比べましたよ~


まずは暗い所で壁(シャッター)に投影

201212 ライト比較 1 7

左がキャットアイ、そして右がドミネーター

わずかですが、ドミネーターの方が若干明るい

でもほぼいい勝負


でもこれはドミネーターをスポットにして一番明るくしたとき

このドミネーターは拡散モードにも出来ます

それで比較

201212 ライト比較 2 7

すると右のドミネーター、かなり暗く感じますね~

拡散した分、光が弱くなるみたいです

でもキャットアイ、光が拡散しなくて周囲は見えるの?



では実際に自転車に装着して、もう少し暗くして比較

201211 キャットアイ HL-EL520 LED 実際1  201211 ドミネーター 実際1 

左がキャットアイ、そして右がドーミネーター

キャットアイは中央のスポットが非常に明るく、さらにその周囲の視認性も結構良し

それに比べてドーミネーターは中心が明るいのですが、その周囲は殆ど見えず

これは結構怖い・・・


ではドーミネーターを拡散モードにして再び比較

 201211 キャットアイ HL-EL520 LED 実際1  201211 ドミネーター 実際2 

左がキャットアイ、右がドーミネーターの拡散モード

ドーミネーター、拡散にすればやっと周囲が見えます

でもかなり暗く感じるし、それに光が届く範囲が狭いですね~


その点はキャットアイ、さすが自転車用といった所

中央のスポットで遠距離を照らし、さらに周囲も明るくしてます

ドーミネーターはハンディライトなので、その辺の考慮は無し



ならば、キャットアイ単体とドーミネーターを足した2灯体制と比較

201211 キャットアイ HL-EL520 LED 実際1   201211 キャットアイ+ドミネーター 

左がキャットアイのみ、右がそれにドミネーターをプラス

おっ、今度はキャットアイのスポットの周囲にさらに明るい部分ができて見やすい

夜間、本当に暗い所ではこの2灯体制が良さそうですね~


ちなみに実際走る時はヘルメットにもライトを装着

201212 ライト 3灯体制 2
 

こんな感じで夜間、そして早朝は3灯体制で走ってます(笑)


ちなみにフロントだけで使う電池は単三6本、単四2本

その重さだけでも自転車の重量増ですが、それもトレーニングを思えば苦もなし(笑)

しかしライト、面白いですね~


↓ブログ村のランキングに参加してます
ブログランキング・にほんブログ村へ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします



キャッツアイのライト、買うときに2つの候補あり
 

電池駆動と稼働時間の長さで左のモノに

しかし!こうなるとこの4000cdの右のライトも試してみたくなりますね~

関連記事

キャットアイのライト 電池交換で壊れる?

先日アマゾンにて購入した自転車ライト

201211 キャットアイ HL-EL520 形  
  ●キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520

劇的に明るくは有りませんが、配光のバランスが良いライト

このライトの電池が、約30時間仕様でかなり暗くなりました

スペックでは60時間との事でしたが、まぁ30時間なら良しとします

            (⇒このライトの詳しい記事はこちら
         



なので初の電池交換

説明書のとおり、ライト本体をあけると、

201212 HL-EL520 壊れた1  

あれ?

なんでこんなにバラバラになるの・・・

201212 HL-EL520 壊れた2 

配線基板や、LED本体まで見えてるし・・・

こういう仕様なの?


とりあえず何とか組み上げて

201212 HL-EL520 壊れた3  

動作確認をしたら、点灯はちゃんとします

しかし電池交換するたびにこれじゃ問題ありますよね~

それに配線も切れそうだし、ゴムのパッキンは実際に切れました・・・



早速「販売元」にメール

すると返品、もしくは新品交換するので本体を送ってくれとの事

対応は早い!


その後、上の写真も送付すると「キャットアイ」に直接送って欲しいとメール有り

このバラバラについて、「キャットアイ」にて直接「調査」をしたいとの話

了解です


しかし「調査」に要する時間は1週間~10日

年末年始が絡むと、さらに長くなるかもという話

この間、このライト無しの夜間走行は辛い・・・


そんな事情をメールすると、点灯するならそのまま使用しても良いとの事

都合の良い時に送ってもらえれば、使った後でも返品、、もしくは返金OKとの事

ありがたいですね~



ならば「返金」という扱いで、新たなライト買ってしまいましょう!

そして新たなライト到着後に、これを送るという事にします


じゃあ!

更なる明るさを求め、これいっときますか↓

201212 キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RCャ 
 ●キャットアイ ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RC

製品の仕様↓
  • 使用時間(ニッケル水素充電池使用時)
  • ハイ:約5時間
  • ロー:約15時間
  • 点滅:約60時間
  • 高輝度LEDX1
  • 単3型ニッケル水素充電池4本(付属)
  • 本体全長:114mm
  • 重量:227g(付属充電池電池含む)
  • バッテリーチャージャー付属
  • フレックスタイトブラケットを採用(22~32mm)
以前もこれは購入を検討

ただ充電式な上に、電池も持ちが5時間(ハイモード)なので躊躇してました

でもよく見たら、普通の単三でも使用可

ならばこの際、4000cdの光を経験しておきましょう!


でもさらなる光を求めるならばこれか↓

201212 キャットアイ(CAT EYE) Nano Shot+ HL-EL625RC 
 ●キャットアイ(CAT EYE) Nano Shot+ HL-EL625RC

これはさらに上の1.5倍の光量の6000cd!

この製品にもかなり惹かれます


しかしこの機種は完全に充電式で、しかも稼働時間が2時間弱

通勤使用のみなら良いですが、普通に使うと2時間は辛いか・・・



なのでとりあえず4000cdの「HL-EL540RC」にしておきます

実はもう注文済み(笑)

そして製品到着後に、その明るさ比べもしちゃおうかと画策


しかし!

これで返品がきかなかったらどうしよう・・・

ライト2本で1万円以上使ってしまう計算になります・・・


まぁ、その時はその時でまた考えますか(笑)

とりあえず、今は新しいライトが着くのを楽しみに待ってます♪


↓ブログ村のランキングに参加してます
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えるともう少し頑張れる気がします!



なんか最近バイクに乗れないせいか
 

自転車モノをチマチマ買って憂さを晴らしているような・・・??

関連記事

新しいライト 4000cd(カンデラ)の威力

先日壊れたキャットアイのライト

201211 キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520L 
 ●キャットアイ LEDライト HL-EL520

配光のバランスが良いライト

しかしこれはキャットアイに返品して返金してもらいます

           (⇒このライトの壊れた記事はこちら


その代わりに新しく購入したライトが到着

201212 キャットアイ HL-EL540RC   
  ●キャットアイ ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RC

同じくキャットアイの製品で、今度は光量が倍以上の4000cd

ライト本体に充電器、そしてニッケル水素電池と取り付けアダプター付属


そのライトを正面から見ると

201212 キャットアイ HL-EL540RC LED  

こんな感じで、間に何か仕切り板みたいなものが入ってます


このライトの第一印象は・・・、でかい!

201212 キャットアイ ライト 缶コーヒーと  

小さい缶コーヒーと同じサイズ

重さも持った感じ同じくらい

なので試しにその重さを測ったら、

201212 キャットアイ ライト 重さ  201212 キャットアイ 缶コーヒー 重さ  

缶コーヒーより重かったりしました(笑)

しかしその明るさ、室内で試してみたらかなりの明るさですよ~



ならば今回購入のライトも明るさ比較してみます

上のキャットアイの製品2つと、それに

2011 11 ジェントス ドーミネータ DC-105F
  ●GENTOS(ジェントス) ドミネーター105 DC-105F

以前から愛用しているライト「ドーミネーター」で比較

このドーミネーター、明るさの公称は160ルーメン


まずは新しく購入したHL-EL540RC「」単体の光

201212 キャットアイ HL-EL540RC 配光    

自転車のハンドルに実際に付けて、シャッターに投影

その浮かび上がる光は台形型

普通ライトは丸いスポット光なので、これは珍しい配光

でも道路を実際に走るには、この台形は見やすくて良いかも


それで上記の内、キャットアイ製品だけで比較つを同時点灯

201212 キャットアイ HL-EL540RC 5201to

左が「HL-EL540RC」、そして右は「HL-EL520」

画像だとそんなに違わなく見えますが、実際は左の方が断然明るい!

それにその照射の範囲が広いので、これは見やすかも♪


さらにジェントスの「ドーミネーター105」を追加

201212 キャットアイ HL-EL540RC 3台で比較

/中央がジェントスの「ドーミネーター105」のスポット照射

これ明るさ160ルーメンですが、やはり左の「HL-EL540RC」の方が明るい

しかもやはり広いので視界が良さげ



さて、今度は実際に道路を照らした感じは?

まずは1600cdの「HL-EL520」

201212 キャットアイ HL-EL520 道路   

白っぽい線みたいに見えるのが、シャッターの底部

スポット部がかなり明るいですが、その周囲もほのかに見えます

実際に走ると、この周囲がほのかに見えるのはありがたい

でも時速30キロ近くになるとこの明るさでは怖い・・・


次は明るさ160ルーメンの「ドーミネーター」

201212 ドーミネータースポット 道路    201212 ドーミネーター拡散 道路   

左がスポット、右が拡散モードで撮影

スポットでは周囲が全く見えず、しかし拡散では暗くて走行しにくい・・・

この辺は自転車専用機ではないので、しょうがない


そして今回新たに導入した4000cbの「HL-EL540RC」

201212 キャットアイ HL-EL540RC 道路   

最初この台形型の光に違和感感じますが、それは慣れ

逆に慣れると、この形の方が道路状況は見やすいかもしれません

さらに手前もホンワリ明るいので、結構見やすい


実際に夜間にこれつけて走ったら、他のライトと比較にならないほど良い!



では3灯、4モードと並べてみます

201212 キャットアイ HL-EL520 道路   201212 ドーミネータースポット 道路   201212 ドーミネーター拡散 道路   201212 キャットアイ HL-EL540RC 道路   

この明るさ、そして照射範囲の広さで「HL-EL540RC」は圧倒的

ちなみにこの「HL-EL540RC」はlowモードもあり

そのlowモードでも、他より明るかったです


ではこの3灯を付けた自転車を前から見ると↓

201212 ライト3灯   

こんな感じで正面からは見えるんでしょうね(笑)

でも実際に正面に立つと、そんなにまぶしく見えませんでした

その辺はキャットアイ、配光を考えているのでしょうね~


という事で、その光が気に入ったライト↓
201212 キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RCャ 
 ●キャットアイ  HL-EL540RC

このライトをメインで使っていきますよ~


でもこのライトも気になります↓
201301 DOSAN A2 _  
  ●Dosun(ドゥサン) バイクランプ A2 

これもかなり評判の良いライト

しかも普通のエネループで稼働するので経済的

実際に点灯して、「HL-EL540RC」と比較してみたいですね~


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 



自転車ライト、電池式でも凄く明るい!

  

でもお値段も結構良い値段します・・・

ただ明るいライト付けると、夜間走行楽しくなりますよ~♪

関連記事