「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

往復600キロ!ジムニーを回収する自転車旅 その5 【自転車で300キロ、車で300キロ完走!】

自転車でジムニーを迎えに行く、その最終回になります

前回は向かい風の中、延々と静岡県を走る

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 太平洋自動車道 駿河ホテル近く テープ

そしてなんとか残り50キロ地点まで来た

その辺からのお話し

  (⇒ここまでの記事はこちら



逆風でも50キロなら頑張れる、そう思いつつ走る

しかしそんな考えをあざ笑うかのように天からポツポツと落ちてくる

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 静岡市 雨雲 

後ろを見ると真っ黒な雨!

すでに後方では土砂降りな感じ、この辺りも時間の問題か?


とにかく雨宿り出来そうな場所に避難

そしてその直後にザーッという音と共に雨が降り出す


200キロの向かい風、そして突然の夕立ち・・・

こんなにブログネタを提供して頂き、神さまに感謝!


にわか雨らしく、結構強く降ってます

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 雨 

ちょっと自転車で走る気にはならないくらい


しかしオートバイ乗りの間ではこんなジンクスがある

 「合羽を着たら雨は止む」

今回はロングライドという事でレインウェアは携行している

なのでこの言葉を信じて合羽を着ます


上下とも合羽を着用して、

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 合羽着用  


そして待つこと15分↓

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 晴れ  

見事に太陽が出てきました!

さすが昔の人は良い事を言います(笑)


でも念のためしばらくは合羽を着たまま走行

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 大井川 

気持ちよく晴れた大井川を通過します

先ほどのどしゃ降りが嘘のよう♪



そしていよいよ今回の目的地「掛川」へ↓

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 進入 

出発したのは昨夜の午後10:30、そして今は午後4:00

ここまで一睡もせずに到着、長かった・・・


予定では午後2:00位に掛川に入るはず

しかし向かい風と雨で2時間以上遅れてしまった

でも無事に到着出来きたので良し!


そして車屋さんに到着

久しぶりに我がジムニーと対面↓

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 ジムニー再開 

ほぼ一か月ぶりに見るジムニー

その代わりない姿がとても嬉しかった


そして車屋さんとお話をさせて貰う

 車:「え~自転車できたんですか?すると掛川駅まで輪行で?」

 私:「いえ、家から自走で来ました」

 車:「え、家からっていうと茨城から?どのくらい走ってきたんですか?」

 私:「え~と300キロくらい、昨日の夜の10時半にでてきました」

 車:「・・・」

 私:「スミマセン・・・」


なんか恥ずかしくて思わず謝ってしまいました(笑)



でもこの車屋さんはとても親切で丁寧

しかも当初告げられたよりお安い金額で修理をしてもらう

本当に感謝しても感謝しきれないくらいです!

もし私の家の近くにあったらこの車屋さんに絶対お願いしたい


なのでこの車屋さんご紹介しておきます↓

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 くわたか自動車 

静岡県掛川市にある「くわたか自動車」

近くの方はここ使ってみてください、絶対に良いです


さて、あとはジムニーに自転車を積んで帰るだけ

でもその帰るだけが大変、なにせ下道を300キロ走って帰る


ちなみにETCもついているので高速も走行可能

でも故障が直ったばかりでどんな調子か分からない

なので何かあっても対処しやすい下道で帰ります


くわたか自動車を出たのが午後5:00すぎ

直してもらったジムニー、そのエンジンは快調そのもの

201705 ジムニー回収の旅 ジムニー 帰り道 

逆にあまり飛ばし過ぎないように気を付けたくらい

ちなみに写真の場所が故障して止まってた場所(笑)



しかし考えてみれば昨日から自転車で17時間以上走行

そして既に丸一日近く寝ていない


でもアドレナリンが出ているせいか眠気は感じない

201705 ジムニー回収の旅 ジムニー 帰り道 夜間走行1

なので眠気が来るまでは距離を稼ごうと走ります


ただ困った事が一つ、それは脚が攣ること

ジムニーはミッション、疲れのせいか時々脚が攣りそうになるんです

201705 ジムニー回収の旅 ジムニー 帰り道 夜間走行2

信号待ちの時には常にマッサージしてました(笑)


そしてというかやはり、途中どうしても眠くなり仮眠をとります

でも仮眠を取り過ぎると動けなくなるので10分ほど

こんな短い時間でも寝れば頭はスッキリします


そして掛川からジムニーで出発すること7時間半

午前0:30少し前に自宅到着

なんとか無事にたどり着きました・・・


昨日午後10:30スタートなので、26時間ほど走った事になります

自転車で300キロ、そしてジムニーで300キロ

頑張りました!



今回の自転車の概要です↓

201705 ジムニー回収の旅 ストラバ 概要 

強風のせいもあり平均速度は20キロと非常に遅い

でも200キロの向かい風を耐えて走行できた

これで私の自転車経験値もかなり上がったはず!


それに直してもらったジムニーの調子も分かりました↓

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 掛川 ジムニー再開 テープ 

もうエンジン絶好調、なんの心配もなく走れます!

なんだか出発前より調子よいみたい

「くわたか自動車」さん、本当にありがとうございました


さて自転車でジムニーを迎えに行く旅のご報告、これで終了です

長文お付き合いくださり、ありがとうございました!

  (⇒自転車でジムニーを回収する旅の最初の記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

往復600キロ!ジムニーを回収する自転車旅 その4 【200キロの向かい風は長かったが・・・】

自転車で300キロ走ってジムニーを回収する旅、その4です

前回は無事に箱根越え終了

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 箱根峠 テープ

茨城からは180キロの走行、ここからしばらくは下り坂

その辺からのお話し 

  (⇒ここまでの記事はこちら



自転車でヒルライムの後の下り、それはご褒美

特に景色の良い場所をゆっくり下るのは最高


今回はそれが違ったんです・・・


確かに天気も景色もいい

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 下り 景色 

でも強風のダウンヒルは恐怖でしかなった


普通、山から下るダウンヒルは左右に木や絶壁があり風の影響は少ない

しかし箱根はさえぎるモノが全く無いので風にあおられまくる!


それが一方向だけならまだなんとかなる

しかし下ると共に風向きが変わるので前後左右から吹いてくる


特に横からの突風が怖い・・・

マジで横に吹っ飛びます


さらに後ろから車もビュンビュン追い抜いてくる

車のからすれば風の影響など分からない、なのですぐ横を抜いていく方もいる

この横に車が来た時、突然横から突風が来たらと考えると・・・


もうフルブレーキかけつつ降りました

この10キロ以上のダウンヒル、恐怖以外の何物でもなし



なんとか無事に沼津に降りられたときは本当に嬉しかった

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 富士山 

遠くに見える富士山が「よくやったな!」と励ましてくれてるよう

もう強風のなかのダウンヒルは絶対にやらない!


箱根を降りた後は国道1号を外れて、旧東海道の県道300を走行

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 走行中 

静岡県の国道1号はほぼバイパス化、なので自転車で走れない区間が多い

なので旧東海道を走行します


その後富士宮市に入る、時間は午前10:30

道の駅「ふじのみや」にて休憩&食事

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 道の駅 富士宮 かき揚げうどん  

かき揚げうどんを頂きました

この真っ黒い醤油ベースのお汁、五臓六腑に染みわたる~~~!

御馳走さまでした



この先も国道1号はバイパス化されていて旧東海道を走る

しかしその旧東海道も道が切れてしまい、

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 太平洋自動車道 入口 

なぜか海岸沿いの「太平洋自転車道」に誘導される

太平洋自転車道!?

こんな強風の日に太平洋岸を走るのか?


案の定すごい強風、いや既に爆風か?

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 太平洋自動車道 様子 

この写真だけ見るとなんか良い天気の海沿いの道

しかし実際は時速15キロ程でしか走れない爆風状態・・・


もちろん自転車でこんなところを走っている奴は私だけ

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 太平洋自動車道 駿河ホテル近く 

いや、いるにはいましたが追い風を楽しむ方が2~3組

私がヒーヒー言いながら走ってる脇を、時速40キロ以上で駆け抜けていく


ここでもGIFアニメを作成↓

201705 ジムニー回収の旅 静岡 駿河ホテル前 gif 

駿河健康ランド前にて撮影

風の強さを少しでも感じていただければ幸いです・・・


でもこれで私の覚悟は決りました!


どんなに風が吹こうが雨が降ろうが、自転車が動く限り自走する

ちなみにここで200キロ、あと残り100キロ



その後も強風は続きます

しかし太平洋から吹き付ける先ほどの風に比べれば全然マシ

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 静岡市 走行中 

時速は20~24キロ位で走行

いつもより全然遅いんですが、先ほどの海岸線を思えば快走(笑)


静岡駅を通過したのが午後1:00少し前

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 静岡市 静岡駅 

その時ガーミンをみるとなぜかポーズしたまま

あれ?おかしい??


さっき富士宮で休憩した時に電池残量が少なくなっていた

なので給電しつつ走行してたのですが、

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 静岡市 ガーミン 

ガーミンエッジ520、給電しつつだとポーズがかかるのか?

なので富士宮~静岡区間の30キロはデータは飛んでます

残念・・・・



でもここまでくれば目指す掛川まであと50キロ弱

なんとか無事にたどり着けそうな気がしてきた


しかし走っているとなんか顔にポツポツあたる

201705 ジムニー回収の旅 静岡県 静岡市 雨雲 

それに上空には真っ黒な雲!

たしかに雨でも自走すると決意はしたが

神さま、まだ試練があるのですか・・・?


次回、最終回です


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

往復600キロ!ジムニーを回収する自転車旅 その3 【逆風の中、箱根越えを敢行する】

自転車で300キロ走ってジムニーを回収する旅、その3です

前回は夜の東京ライドを楽しみつつ走行

201705 ジムニー回収の旅 銀座にて アップルストア テープ

無事に80キロ走って神奈川県川崎へ入る

その辺からのお話し

   (⇒ここまでの記事はこちら



川崎市に入ったのは午前3:00少し前

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 川崎市 

ここまで80キロを4時間ほどで走行、割と順調でした

しかし神奈川に入るとかなりの強風、しかも逆風が吹いてくる


天気予報でかなりの風が吹くと言っていたので覚悟はしていた

しかしこんな早い時間からとは予想外

私は箱根を超えたあたりからと考えていたんです


しかし先に進まなければならない!

この風に逆らいつつ南西、横浜を抜け茅ヶ崎方面へ向かう

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 走行中 

茅ヶ崎と言えば海、そして海に近づくにつれ風の強さも増していく

スピードも全くでず、頑張ってもて25キロ位が精いっぱい

かなり辛くなってきたのでコンビニで一休み、時間はまだ午前4:00

先が思いやられます・・・



そして茅ヶ崎の海岸沿いへ

ここでは海沿いの爆風を覚悟していた・・・


しかし予想と裏腹に風が少ない!

実は海と国道の間に防風林があり、これがかなり風をしのいでくれる

でも時速はいいとこ25キロくらい、相変わらずペースはあがらず


それでも1時間ほど走って平塚市へ

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 平塚市 

風は強いけど、気温17℃と暖かいのが救いです

それに辺りがうっすらと明るくなってきたもの気分的には違う


そして相模川を越えます

この橋超えがとても怖かった・・・

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 相模川 

さえぎるモノが何も無い橋の上で横風に煽られながら走る

ちょっと気を抜くと横に吹っ飛びそうになる

マジで勘弁してほしい・・・

でもこの橋超えの恐怖、この日は何回も何回も味わう事になります



その後は海から少し内陸側へ

海岸線から離れると少しは風も弱くなる


それでも結構な向かい風の中を走って、

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 小田原 国道1号 

なんとか小田原に入ったのが午前6:00少し前

茨城からはちょうど150キロ、かかった時間は7時間半

これでやっと半分か・・・


しかしこの時間なら電車も動き始めて輪行も可能になった

輪行する気はないけれど、そう考えるだけでも気分的には楽


この日、風はとても強かったけど天気は上々↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 小田原 桜 

小田原近辺の桜は散りかけで、花吹雪状態

これ向かい風じゃなかったら、とても楽しい旅だったろうな・・・


そんな事を考え走っていたら箱根町へ到着

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根町 

この先は国道1号ではなく、箱根の旧道側へ進みます

国道1号は楽しいのですが、車が多いので今回は旧道を選択

距離は11キロ程、急坂も多いのが旧道の特徴



温泉街の急坂をこえ、名所七曲りの入口へ↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 七曲り 看板


こんなつづら坂を上っていきます↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 七曲り

ここ斜度10%表示ですが場所によっては20%位ありそうな感じ

今日は先が長いのでゆっくりゆっくり登っていきます


その先にある古民家風の茶屋で撮影↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 茶屋

中々に良い雰囲気のお店でしたが営業時間外


ところでこの茶屋の前の旗に注目!

横に吹き流れているが分かるでしょうか?


そう、この箱根でも風は吹きまくってます!

しかも基本向かい風で(笑)


その雰囲気がちょっとでも分かればと思い、こんなGIFアニメ作成↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川 箱根 茶屋 旗の様子 2 gif 

「甘酒」の旗、鯉のぼりの吹き流しの様にはためいてました

でもここまでくれば「箱根峠」へもう少し、頑張ります!


ところで歩きならばこんな道もあるみたい↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 旧街道 石畳

箱根の旧街道、石畳の道

自転車ではちょっと無理ですがとても良い雰囲気



そして箱根町のふもとから1時間半ほどかけて↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 道の駅  

道の駅「箱根峠」に到着、お疲れ様でした!

時間は午前8:30前、気温10℃ですが風があるのでかなり寒い

ここでトイレ休憩とドリンク補給、15分ほどで出発


ここからいったん下って相模湖を見ながら快走

そして少しだけ登って↓

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 箱根峠 

箱根の本当の頂上、箱根峠に到着

標高846mというとほぼ筑波山と同じ高さなんですね

頑張りました!



さて無事に箱根越えも終了、走行距離は180キロ

ここから静岡県、そして沼津までは15キロ以上を下ります

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 箱根 下り 景色 

そのダウンヒル、天気が良くて景色は最高でした!

ただ下り坂の強風があれほど怖いモノだと初めて知りました・・・


次回に続きます  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

往復600キロ!ジムニーを回収する自転車旅 その2 【まずは東京ナイトライドを楽しむ】

自転車で300キロ走ってジムニーを回収する旅、その2です

前回は色々悩んだ挙句、自転車で掛川まで行くことを決意!

2017 ジムニーで行く伊勢志摩 3日目 ジムニー レッカー上 テープ

自転車でジムニーを迎えに行き、そのまま車でとんぼ返り

まずは自転車の300キロのスタート

      (⇒ここまでの記事はこちら



出発したのは午後10:30

前日の夜スタートで今回は久々のオールナイト走

201704  静岡掛川290 自転車装備  ライト 2灯体制 

ライトはVOLT800と中華製LEDライト

夜間走行という事でライトは2個体制、さらにヘルメットライトも装備


まずは東京日本橋を目指す

せっかく静岡まで自転車で走るなら、東海道の起点から走りたい


10キロほど走ったところで利根川CRへ

夜の田舎のサイクリングロードは電灯などなく真っ暗

しかしライト3個体制なら↓

201704 ジムニー回収 利根川CR ライトの様子

かなりの遠方まで明るい

これで200ルーメン×2本、そしてヘッドライトは10ルーメン

時速30キロくらいでも普通に走れます



利根川CRを5キロ程走って、すぐに市街地へ↓

201705 ジムニー回収の旅 野田 夜間走行 

基本夜間の走行は電灯のある市街地がお勧め

ライトの光量も抑えられ、バッテリーの消費が少ない

なにより何かトラブルがあっても対処がしやすい


茨城から千葉、そして埼玉県へ入る

今回はスマホでナビ、それでも夜間は道を間違えやすい

201705 ジムニー回収の旅 江戸川 夜間走行 

特に私は方向音痴、なので道をちゃんと確認して進みます

でも道を多々間違え、一度は砂利道に入りそうになって焦った


それにしても深夜の街は色々な人がいます

201705 ジムニー回収の旅 夜間走行 職質 

道路わきで警察官に職質されている方もけっこういた

私も気を付けよう・・・



そして茨城から50キロほど走って、

201705 ジムニー回収の旅 東京 足立区 

首都東京へ入ります

時間は午前0:30過ぎ、ミッドナイト東京ライドの始まり~(笑)


しかし東京の道、田舎者の私にはハードルが高い


国道4号をそのまま走っていれば荒川を渡れると思っていた

ナビでも直進、まっすぐ行けと表示されている

しかしその道の脇には自転車通行禁止の標識がある・・・


周辺をうろつく事10分

やっと階段にて千住新橋の上、荒川を渡れる事が判明

201705 ジムニー回収の旅 東京 千住新橋 

この辺を走っている方には当たり前なのかもしれない

しかし田舎モノの私には想像もつかなかった・・・


今回は自転車を乗ったままでは超えられない橋や道が沢山あった

特に国道1号は自転車に全く優しくない道だと判明

あれでキャンボールを24時間で走れる方はやはり凄い!



東京に入った後は順調に進む

深夜の東京は人も少なく車も比較的少ないので走りやすい

201705 ジムニー回収の旅 夜間走行 タクシー 

ただタクシーが突然目の前に停まったりする

本当に急停車なのでマジでヒヤッとする場面もあり


そして午前1:30、日本橋に到着

201705 ジムニー回収の旅 江戸橋 到着

ここが東海道、そしてキャノンボールのスタート地点「日本橋」

そして私にとってここからが今日のライドの本番!


ところでこの橋の名前は「日本橋」じゃないんですね↓

201705 ジムニー回収の旅 江戸橋 

「江戸橋」となっている

調べてみるとここは日本橋通り、それに架かる橋が「江戸橋」らしい

あとで奥サマと娘に自慢してやろうっと♪



日本橋をスタートしてまずは南下、川崎を目指す

途中の銀座にて↓

201705 ジムニー回収の旅 銀座にて アップルストア 

オサレな有名各店を背景にビアンキ撮影

う~ん、夜の東京ナイトライドは刺激的です(笑)


銀座に入るとさらにタクシーが倍増、

201705 ジムニー回収の旅 銀座 夜間走行 タクシー 

しかもビュンビュン飛ばしている

金曜日なので多いのでしょうが、さすが東京は眠らない街


ところで国道15号は意外と走りやすかった

それはこれのおかげ↓

201705 ジムニー回収の旅 自転車レーン  

自転車専用レーンの表示、これがとても良かった

2年ほど前に走ったときはたしかこんなモノなかったはず

東京オリンピック開催の影響か?

なんにせよ、これのおかげでかなり走り易かったです♪



そして午前2:30過ぎ、多摩川を超え神奈川県へ

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 川崎市 

ここまで80キロ、かかった時間は4時間

夜間、そして東京都内を走った事を考えれば順調か?

気温も15℃ほどで、この時期としてはとても暖かい夜


でもここからは風との闘いになりました


出発前の予報で逆風、しかも強風になるのは分かっていた

あとはそれがいつ吹くかが問題だったのですが、まさか川崎からとは・・・

予想では箱根を超えた辺りからだと思っていたのに


そしてこの風は一日中吹き続ける事に

201705 ジムニー回収の旅 神奈川県 風 イメージ 

ここからゴールの掛川まで200キロ以上、逆風の中を走るのか

ああ、考えるだけで気が遠くなってくる・・・


次回に続きます (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

往復600キロ!ジムニーを回収する自転車旅 その1 【日帰りで回収できるか検討する】

先月、伊勢志摩でキャンプをしませんか~?のお誘いあり

久々なのでジムニーでお出かけ
2017 ジムニーで行く伊勢志摩 海とジムニー テープ

茨城~伊勢志摩、片道450キロの旅

しかしジムニーはその途中で故障・・・

自走で帰る事叶わず、泣く泣く静岡掛川に置いて帰りました


そして先日、掛川の車屋さんから修理完了のお知らせアリ

2017 ジムニーで行く伊勢志摩 3日目 ジムニー レッカー上

なのでジムニーを引き取りに静岡県掛川に再びいきます!

    (⇒キャンプ途中でジムニーが故障した記事はこちら



さて車の回収、まずは電車で行くことを考えた

私の所からだと、つくばTX~山手線、そして東京駅から新幹線が普通

実際に故障した時に帰ってきたのもこのルート


でも電車旅、楽なのはいいけどちょっと退屈

せっかく静岡まで行くならもっと楽しく行きたい


ならば回収は自転車か?


でも掛川って茨城からだと片道300キロ

そしてその間には難所の「箱根越え」がある↓

201504 茨城~大阪600キロ j箱根峠    

でも箱根は過去に、大阪まで走った途中に登った経験がある

なので自転車で行くだけなら自信はある


しかし今回は300キロ自転車で走ったすぐ後に↓

201608 ジムニー LEDプロジェクター ライト装着 ポーズ 

このジムニーで再び茨城まで帰らねばならない

泊まれればいいのですが、翌日は午後から仕事があるのでダメ


さらに直ったとはいえ、故障のトラウマがあるので高速道路は使いたくない

っていくか、最高速90キロのジムニーで高速は怖い

すると自転車300キロ、その後とんぼ返りで下道300キロ


これはさすがに少し無謀か・・



なので次善の策として途中まで輪行も考えた

たとえば小田原まで電車、そこから自転車で掛川へ

201504 しまなみ海道 初輪行 ホーム   

「つくばTX」の始発に乗れば午前7:30くらいには小田原に着く


これだと自転車は150キロほど、小田原から箱根はすぐなので楽しめそう

そして普通に走れば午後3:00前には掛川につくはず


しかし!


いざブログにアップする時に、「小田原まで輪行しました~テヘペロ」

なんて書いたらきっとみんな私に失望する?はず

いや、なによりそんな自分が許せなくなる!(笑)


なので輪行は却下、自走に決定!!!



ルートはこんな感じ↓



距離は290キロほど、往路の自転車は15~6時間を予定


ところであまり遅い時間については車屋さんに申し訳ない

なので余裕をもって前日に出ることに↓

201704 ジムニー回収 完了 ビアンキと 出発時間 

夜中の10:30出発、久々のオールナイト走!


この時間に出ればよほどの事が無い限り、明日の午後には到着するはず

で、いざ出発したんですが、やはり色々ありました(笑)


次回、本編スタートです!

  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事