「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

ヘルメットに付けるミラーが壊れた 【無いと怖くて走れないかも】

先週は台風一過、晴天の筑波山に集合

「ヴィアッジオ」サイクリングクラブにて縦走を楽しみました

201709 筑波縦走 倶楽部にて つつじヶ丘手前 テープ

皆さんとても走れるようになってました

私も頑張らないとと新たな刺激を頂いたライドでした

これは後でご報告します



ところでこの時、壊れてしまったモノがある↓

201709 ミラー ヘルメット装着 ゼファール

ヘルメットに付けるミラー

ぶつけてしまって首の稼働部分が折れてしまいました

う~ん、これはもう使えないな・・・


このミラーを買ったのは2013年4月↓

201303 catlike バックミラー 装着  

ブログにしっかりと記事をかいてました

するともう4年以上使っていたことになります

お値段は1500円ほど、それをら考えたらとてもコスパがい商品


それにとても使い勝手が良いミラーでした

こんな風に私は右側、内向きに付けて使用↓

201303 catlike バックミラー 走行 

慣れるまではちょっと小さくて見にくい

でも見慣れると視線の移動だけで後方が確認できます

自分の真後ろまで見えるのが便利


さらにブラケットポジションでも下ハンでも後方確認できる

なので高速走行中や下りでも後方確認できるのが良い



しかし壊れてしまったので、この時のライドではミラー無しで走行↓

201709 筑波縦走 倶楽部にて トレイン 

ヒルクライムなら後ろも見ないので全然問題なし

しかし下りや一般道では後方の車が確認できないので怖かった

ミラーって一度つけるともう手放せないですね


なので新たなモノを購入↓

201709 ミラー ヘルメット装着 ゼファール 新品 

やはり同じゼファールの同じ製品

お安いモノもあったのですが、4年使えるかどうか分からない

数百円の違いなら使い慣れている製品の方が安心感があります



もちろんミラーを付けても、ちゃんと後方確認はします

201606 ヘルメット カットライク 装着 完了 

特に車線変更や曲がる時は絶対にします

ミラーだけだと見えないモノ、見落とすモノもあります

あくまでミラーは補助という事で走ってます


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【後方確認用の自転車ミラー】
 
ヘルメットに付けるタイプでも微妙に形が違いますね

関連記事

ガーミンの心拍計、修理してみたが 【やはり接着剤では難しいか】

先日ベロっと剥がれてしまったガーミンの心拍計↓

201709 ガーミン 心拍計 剥がれ2

乳ベルトのセンサー部分が剥がれてしまった

使いだしてまだ数ヶ月、これで大丈夫なのかガーミン!
 
     (⇒ガーミンの心拍計が壊れた記事はこちら



とりあえず接着剤で貼ってみました↓

201709 ガーミン 心拍計 剥がれ 接着1  

使ったのは屋外用の水やショックに強いタイプ

そして丸一日放置した後、使ってみました


とりあえず朝のランニング7キロで使用

まずはちゃんと心拍が拾えるかどうか↓

201709 ガーミンの心拍計 補修後 センサー  

ちゃんと心拍センサーは反応してます

とりあえず接着剤による障害はないみたいです


そして7キロ走行中もしっかり心拍計は反応している

これならこのまま使えるか


そう思って帰って心拍ベルトを取る

するとやはり接着した先端がはがれかけている↓

201709 ガーミン 心拍計 剥がれ 2 

う~ん、やっぱり汗が凄いので接着剤が効かないのか

それとも接着の仕方が悪かったのか?



とりあえず洗って、完全乾燥させて接着してみます

前回は24時間放置、ならば今度は丸二日以上放置


これでダメならお安い代用品↓

201709 ガーミン 心拍計 剥がれ 代用品 

これを使うしかないか・・・


そんな事をクラブのSNSで愚痴っていた

そしたらTsuyoさんがこのベルト余ってますよといわれ、

先日ご一緒した時に純正品のモノ、頂いてしまいました↓

201709 ガーミン 心拍計 Tsuyoさん 頂きもの

私のは並行輸入モノだったので剥がれるのが速かったのか?

その辺も含めて比べながら使ってみます

Tsuyoさん、本当にありがとう!


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【胸に付けるか腕につけるか、心拍計】
 
私は胸専門なんですが、最近は腕に付けている方も多いですね

関連記事

赤城と榛名、二つのヒルクライムを楽しむ 最終回 【榛名山で地獄を見る】

赤城と榛名で楽しむヒルクライム、最終回になります

赤城を無事登り終えた我々、しかし結構時間が掛かってしまった

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 自転車ラック

結局私は車で榛名ヒルクライムコースの近くまで移動

14144さんとみのさんは気温31℃の中、自転車にて移動

その辺からのお話しです

       (⇒ここまでの記事はこちら



さて私はナビにて誘導してもらい、近くの体育館に駐車

午後2:00過ぎには到着して自転車を用意

しかしみのさんと14144さんは自転車で30キロを移動しなければならない

約束は午後2:30、果たして間に合うのか?


とおもっていたら本当に2:30ジャスト、1時間半で到着

この暑さ、そして平坦じゃない道なのに凄い!

でもここがゴールではない、っていうかスタートなんですが(笑)


その榛名のヒルクライムコースはこんな感じ↓

201709 赤城榛名 榛名コース 

初心者、神社、そして榛名湖コースと分かれているらしい

勿論我々が目指すのは榛名湖、距離は14.6キロで獲得標高900m

この数字だけ見ると赤城より全然楽そうに思える

しかしそれが大きな間違いだと後で知る事になります・・・


とにかく榛名ヒルクライムのスタート地点へ移動

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 スタート地点 

意外と街中の普通の道からスタート

今回榛名は初めて、なので各自のペースで走ります


最初はあまり急な上りも無く、途中平坦路や下りなんかもある

赤城より山を登っている感じがして楽しいです


ただ常にこのヘルメットミラーに写るモノが気になる↓

201303 catlike バックミラー本体4  

後方で点滅しているライト、これ後ろから登ってくる「みのさん」のモノ

今回のライドでは常に尻を突かれまくりで辛かった・・・



さて榛名で楽しいのは神社手前の1キロくらいまで

噂には聞いてましたが最後の5キロ区間、地獄でした

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 榛名神社 

まず神社手前が勾配11~13%、さらにそれが最大14%まで加速

その後も10%近い勾配が延々と続くつづら坂・・・

赤城を登った後の榛名は辛すぎ、写真など取る余裕無し!


それでもなんとかゴールの計測地点に到着↓

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 観測終了点 

時間は午後4:00少し前

久々に頑張った感があるヒルクライムでした


あとでストラバで見たら1時間4分ほどのタイム

赤城を走った後、さらに初見のコースと思えば私的には大満足

とにかく上毛二山、登り切りました!



ちょっと休憩して、14144さんとみのさんの様子を見に行く

すると少し下ったところで二人と合流出来た


さすがにこの登りでは14144さんも辛そう

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 14144さん 1


みのさんも後ろから来ている来ている↓

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 みのさん  

こちらはちょっと余裕あり?


ところでで14144さん、本当に辛そう

赤城とそしてこの榛名、その間のに前橋~高崎間の30キロを走っている

後で聞くと31℃の暑さの中、みのさんを牽いてきたらしい


しかしそこは元トライアスロン競技者

ここからは魂のヒルクライムを拝見させて頂きました!


しかもポイントポイントではカメラ撮影する

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 14144さん 撮影中 

これはゴール前あと2キロ地点の場所

マジで呼吸が苦しそうなのに、これはブロガー魂がなせる技か?

それともただアタマガオカシイだけなのか?


とにかく最後はお二人で渾身のゴール!

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 14144さん ゴール 1000 

いや、本当にお疲れ様でした

マジで見ているこっちの胸が熱くなりました・・・



その後は休む14144さんのためにジュース買い出し

途中の榛名富士、何倍にも綺麗に見えましたよ

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 榛名富士 1000


ジュースを飲みつつ物思う14144さん↓

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 14144さん ゴール後 

なんか凄くかっちょええ・・・


さてこの時点で時間は午後4:30過ぎ

日の沈むのも早くなってきたのでそろそろ下らないと

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 下り 

3人でゆっくり下山します

しかしこのくだり、疲れているせいかとても長かった・・・


そしてスタート地点近くの商店街でお二人とお別れ

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 解散  

本当にお疲れ様さまでした!

気を付けてお帰り下さい


私は車を停めた駐車場へ、そして自転車撤収

午後8:00前に自宅に到着です



この日の概要です

201709 上毛二山ヒルクライム 概要

赤城山、そして榛名山の「上毛二山」を制覇

距離100キロほどで2700m近くの獲得標高、頑張りました!

次は妙義山も登って「上毛三山」制覇します


しかし楽しくて辛かったヒルクライム

帰った夜はこのお酒で宴会↓

201709 上毛二山ヒルクライム お酒 乗鞍高原  

以前乗鞍のレースの時にTREKさんに頂いた「岳の泉」

赤城、そして榛名を登った日に「乗鞍」のお酒を飲む

最高の1日でしたよ~♪


これで赤城、そして榛名ヒルクライムの記事はおわり

最後までお付き合いくださり感謝です!

      (⇒この記事の最初はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

赤城と榛名、二つのヒルクライムを楽しむ その3 【榛名は気温30℃超えになる】

赤城と榛名、二つのヒルクライムを楽しむその3になります

前回はみんなで赤城山20キロ1300mを制覇

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 

しかし私は脚が攣(つ)ってしまった・・・

その辺からのお話し (⇒ここまでの記事はこちら



さて両足が攣ってしまった私ですが、原因が分からない

確かに「みのさん」に後ろからガンガン追われまくる↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 みのさん

それでかなり頑張っていたのはたしか

それでも攣る程のペースではなかったはず


すると14144さんがひと言

 「もしかしてそのサポーターが小さいんじゃないですか?」


実はこの日、初めてふくらはぎ用のサポーターをしていた↓

201709 上毛二山ヒルクライム R×L コンプレッション2  

ただしこれセール品、私には小さい「S」サイズ

しかし試着してみると何とか入ったので買ってしまった

これで絞め過ぎているせいで、血流障害をおこしたんじゃないかとの事


なのでとりあえずこれを脱ぐ、すると数分でウソのように治ってしまった

原因はこれか・・・

こんどからサイズはちゃんとしたモノを買う事にします
 
      (⇒このサポーターの詳しい記事はこち



さて脚の問題も解決したのでまずは補給↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 アイス   

この日は本当に暑かったので皆でアイスクリームを購入

ヒルクライム後のアイス、まさに体に染みわたるご褒美♪


ところでこの案内所にも自転車ラックが沢山あります↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 自転車ラック

結構な台数の自転車が停めているのですが、ラックに困る事はない

やはり赤城ヒルクライム、自治体が頑張っている!


それにしても本当に良い天気です

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 人2 

皆さんも気もちよさげに走っている

赤城の試走に来た人が殆どでしょうが、まさにヒルクライム日より


私達も青空の下、自転車を並べて記念撮影↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 自転車撮影

青い空に白い空、まさに山の風景

標高も高いので風も涼しい♪



さてここからは下り

それも前橋まで20キロをひたすら下るダウンヒル

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 下り 大鳥居

いや~長い下りで手が疲れました

それに先ほど吊った足も気になる

なので下りでも足を時々クルクル回しながら走行


そしてほぼ下り終わった後は道の駅にて昼食

ここは皆で一択の「鳥かつ丼」を選択↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 昼 鳥かつ丼   

思った以上にボリューㇺがあって美味しかったです♪



さて昼食後はこれからどうするのかご相談

既に時間は午後1時近く、そしてここから榛名までは30キロほど

自転車で走ると1時間半はかかる


するとスタートが午後2:30として、下ってくるのは4時半過ぎ?

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 榛名神社 

その後私は前橋の駐車場まで再び30キロを帰らなければならない

さすがに赤城と榛名をやった後にそれだけ走るのはちょっと面倒

どうしようかな~なんて考えていた


さらにここでTsuyoさんがご家族から緊急招集を受ける

この時点で電車にて帰宅なされるとの事

ならば私もそれに便乗、帰る気分になっていた


しかしみのさんがここで言い放つ

「僕は一人でも榛名に登ります!」

ここにアタマノオカシイ人が一人いる・・・


この言葉に14144さんは諦めモード、一緒に登る決意を固める

ならば私もご一緒しなければならないか

私は車で榛名まで移動して、そこからヒルクライムします


家族に呼ばれたTsuyoさんとはここまで

 「お疲れ様でした、またどこかでご一緒しましょう!」

そんな事をいってお別れします


しかしなぜかこの翌週に「筑波山」で一緒になる↓↓

201709 筑波縦走 倶楽部にて トレイン 

Tsuyoさん、これで山は連続4週とか言っていた

この人どんだけ山が好きなんだ?

これはまた別の機会にご報告します



私はサクッと駐車場に戻って自転車撤収

そして榛名のスタート地点を目指して走ります

201709 上毛二山ヒルクライム 榛名 車移動 気温 

車の外気温計では既に30℃を超えている、暑い!

しかし私はエアコン付きの車で快適移動

ただ自転車で移動している14144さん、みのさんはとても暑いはず

果たしてあの二人は大丈夫なのか?

次回最終回です (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

赤城と榛名、二つのヒルクライムを楽しむ その2 【まずは赤城で足が攣る・・・】

赤城と榛名、二つの山を楽しむその2になります

この大きな鳥居から本格的にヒルクライムスタート↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 大鳥居 テープ

距離が長い赤城ヒルクライム、我々はユルユルと登り始めます

        (⇒ここまでの記事はこちら



2週間後にレースがある赤城、なので多くの人が試走に来てます

前にも、そして後ろにもたくさんの自転車↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 試走

そして中には凄いペースで登っていく方もいる

平地を走るようなスピードで抜いていかれます、凄い!


レースに出ない我々は自分たちのペースでゆっくり

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 14144さんとみのさん 1000

途中の日陰なんかで休みながら赤城山を満喫する

それにまだこの後に「榛名山」も控えている

なのでペース配分はしっかり考えないと最後まで持たない


さらにこの日は良い天気で、気温もグングン上がっていく

なのでゴールまであと6キロ程の場所↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 姫百合 休憩

「姫百合駐車場」で休憩、しっかり水分補給もします

ところでこの休憩所は自販機があり、自転車ラックも沢山ある

赤城ヒルクライム、自治体がかなり力を入れてる感じがします



さて「姫百合駐車場」から再スタート

ここからはゴール地点まで各々頑張ります

そしてここにきってやっと赤城山の風景が変わります

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール手前 視界

視界が開け、やっと山を登っている感じになってきました


ここまでの赤城ヒルクライムは結構単調、単調な登りの連続

あえて言うなら長い「坂道」みたいな感じ


しかし逆に言えば休みどころがなく、延々と足を回さなければいけない

それが結構辛いんですが、視界が開けると気持もリフレッシュ

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール手前 視界2

素晴らしい天気と風景の中、ゴールへ向かいます



そして午前11:00少し前

案内休憩所にあるゴールの看板に到着

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 

計測地点通過が午前8:30ですから2時間半ほど

ゆっくり登ってきたので脚の疲れも殆ど無し

これなら次の榛名ヒルクライムも十分に楽しめそう


少し休憩して皆さんをお出迎え

14144さん、みのさんが仲良く走ってゴール↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 14144さんとみのさん2 


Tusyoさんのヒルクライム写真も撮れました↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 Tsuyoさん

皆さんお疲れ様でした

これでまず一本、20キロ1300mのヒルクライムは終了!



そのゴール地点の「赤城総合観光案内所」↓

201709 上毛二山ヒルクライム 赤城 ゴール地点 人 

沢山の自転車と人で賑わってます


そしてここで休憩しますか~なんて話していた時

私の脚に異変、太ももがプルプル震えて立っていられない

脚が攣(つ)った・・?


最近は足が攣る何てこともなく、初めは訳が分からなかった

しかも両足が同時に攣るなんてのは初めて・・・


次回にづづきます (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事